自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

北海道の毛蟹を食べたことがありますか?新鮮で美味しい毛蟹をお手頃価格で買える市場をご紹介します!

2016年10月01日 09時15分51秒 | 食品の安全
みなさま、おはようございます!

もう10月ですね!あわただしく年末に突入していきそうなこの頃です。
来客が多い時期ですが、主婦は何でもてなそうか、毎回悩みますね!

今年の我が家のブームは毛蟹でした。
札幌の隣の石狩市に、丹野商店という野菜果物、乾物、魚貝類をお手頃価格で販売している市場があります。




丹野商店→


住所: 〒061-3243北海道石狩市新港東3丁目65-15

電話: 0133-62-4155


ある時、このお店に行って、毛蟹が札幌では5千円くらいしそうなものを2~3千円代で販売しているのに気が付き、買って食べてみました。
とても新鮮でおいしかったので、それから、道外からのお客様が来るたびに、札幌から1時間も車を走らせて毛蟹を買いに行くようになりました。




毛蟹はすべて一級品で〇特マークが3つつく、3特と言うレベルの物。
しかし、価格が色々な箱があるので購入時に聞いてみると、高い箱は一番新鮮な入荷したてのもの。
日が経つにつれ価格は落ちていく、やはり日が経つと味が変わっていくと言います。
7,8月に購入した時は、一番いい高い箱のカニで、2400円でした。9月に購入した時は一番新鮮な高いカニで3300円でした。
どれも500~600グラムはある、特上品です。
札幌で購入したら4~5千円はします。
むろんカニなので価格は時価になります。海の状態や漁の状態で価格が変わります。
買っていけないのは、殻が抜ける時期だけ。この時のカニは中身がスカスカです。

どうせ買うなら一番新鮮な入荷したての毛蟹がいいですね!
せっかくお安く購入できるのに、一番新鮮なカニを食べなくてどうするか。

我が家の道外のお客様は、毛蟹を食べると、いきなり手がマッハの動きになりました。
北海道の人間でもこのような新鮮で高級レベルのカニはなかなか食べる機会がない。
我々もお相伴して美味しくいただきました。
特に静岡から来たお客さまの感激度が高かったです。



お店の人に地方発送をしているか聞いてみました。
受け付けていると言っていました。
ただ昔ながらの地方商店なので、あまり商売気はない模様です。
若い店員さんも、「自分の知り合いがブログやフェイスブック、ツイッターなどで紹介してくれたりするが、上の人たちは考えが古くて、ネットでも売ろうとか、もっと販売を拡大しようとか考えていないようだ。」と語っていました。
地方から注文するときは、電話して、まず、毛蟹の新鮮なものの入荷があるかどうか聞いて、価格を聞き、振込になります。
着払い等はやっていないと言っていました。

毛蟹は新鮮さが命ですので、皆様で食べる日に、到着するように日時指定して、注文してすぐ振り込むようにしたらいいと思います。
到着したら次の日に食べようなんて、邪道です。
その日に食べるのです。100円ショップで売っている調理ばさみを人数分用意しましょう。
美味しいよオ~!

発送代金は地方によって異なります。2~3千円代かと思われます。

また、この毛蟹の代金は、値引きしない前提で付けてあるお得価格ですので、店員さんに「安くしてよ、まけてよ。」と言うと、「それは出来ない…」とつぶやいて、遠くへ行ってしまい、帰ってきません。
なので、値切ってはいけません。売ってくれない可能性があります。

注文の仕方は、振込代金を用意して電話をし、すぐに振り込める準備を整えます。
新鮮な毛蟹があるか聞いて、一番新鮮で良いカニを注文します。
毛蟹食べたことないんです~美味しいカニを食べてみたいんです~と言って、一番いいカニを選んでもらいましょう。
到着日を皆で食べるその日に指定します。
もし、入荷が薄ければ予約してもいいかと思います。

味は私が太鼓判を押します。
価格も札幌から1時間も車を走らせて購入するくらいお得です。
おすすめです!

住所: 〒061-3243北海道石狩市新港東3丁目65-15

電話: 0133-62-4155

また他の魚も新鮮でおいしいです。
ホッケ、食べたことありますか?塩こしょうしてフライにするとすこぶる美味いですよ!!
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Chapter Thirteen - A Lesson... | トップ | 彼らは我々を脅さないように... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毛ガニ (羊おばさん)
2016-10-01 20:00:43
ホッカイダーだから常時、毛ガニを食べていると思われがちですよね。

でも我が家は年に1~2回程度です。

美味しいけど剥くときに棘が刺さるので、
手がぼこぼこになるのが玉にキズ。
Unknown (北極熊)
2016-10-02 08:33:51
北海道のスーパーで買った毛ガニよりも、東京のカニ道楽とかで食べたほうが、値段はともかく安定して美味しいですよ。 ただし、北海道で漁師さんからもらった毛ガニあるからお裾わけとしてもらったようなのは、段違いに美味しいのです。昔、よく考えてみたら、漁師さんの気持ちになれば簡単だった。「自分で食べる>友達にあげる>築地で高く売る>捨てるよりは地元で安くても売る」ということだろうな、と思った。
羊おばさんさま (kitako)
2016-10-02 10:36:02
確かにね!
札幌在住でも、新鮮な美味しい毛蟹を常に手に入れられるかと言うと、そうではないものね。
スーパーで購入して新鮮かというと…う~ん…
すすきのの居酒屋さんで食べて新鮮かと言うと…
冷凍して解凍して冷凍して解凍した味…
あの先端のはさみがあるところが一番かたくて、手に刺さりますね!
北極熊さま (kitako)
2016-10-02 10:41:33
東京のカニ道楽は美味しいのですね!
北海道の羊の肉は100グラム3千円もして、しかも、ほぼ道内では販売せずに本州へ行ってしまうと聞きました。
良いものが道外へ行っていることもあるかと思います。
漁師さんから直接もらって食べたことあるのですかあ!そりゃあ、一番ですね!
昔、花咲ガニを根室の駅前の市場で食べた時、目から牛乳瓶の底のようなうろこが落ちて、「今まで食べていた花咲ガニは死んだカニだったんだ!」と思ったのを覚えています。
根室でだってすでに死んでいますが、鮮度が異なると味はね~やっぱり違いますよね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食品の安全」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL