自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

ヘイトスピーチ禁止、大量移民、こうしてスウェーデンはニューヨークの数倍の犯罪が起こる国家になった

2016年03月31日 07時57分08秒 | 反日、中韓、犯罪
ヘイトスピーチ禁止、大量移民、こうしてスウェーデンは移民国家になった



~~~~~~~~~

ヘイトスピーチ団体、法務省が初調査 外交問題抗議名目で活動も「多くで差別発言」

http://www.sankei.com/life/news/160330/lif1603300044-n1.html

法務省は30日、人種差別的な言動を街頭で行うヘイトスピーチ(憎悪表現)について初の実態調査結果を公表した。ヘイトスピーチを行っているとされる団体などが平成24年4月~27年9月に行ったデモや街宣活動などを1152件確認。ほとんどが領土問題や拉致問題への抗議などを名目に参加者を募っているものの、特定の民族の排斥などを訴える発言が多くなされているという。

 インターネットで公開された対象団体の活動情報などをもとに調査し、72件(約98時間)の動画も分析。25年は347件、26年は378件、27年は1~9月で190件だった。

 同省によると、京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)に損害賠償などを求めた訴訟の2審で、賠償などを認めた判決が出た26年以降、対象団体の直接的な活動は減少傾向。参加者に過激な発言を控えるよう呼びかけているケースもあるという。ただ、同省は「全てを把握することは難しく、沈静化とは言えない。一部の団体や関係者の差別意識は根深い」とみている。

 問題をめぐっては、民主(現・民進)、社民両党などが「人種差別撤廃施策推進法案」を国会に提出し、参院法務委員会で審議されている。さらに自民、公明両党は対案として関連法案を今国会に提出する方針だ。


@@@@@@@

以上転記終了

この問題は日本だけで起ころうとしているのではない。
世界中で1970年代から始まり、社会実験の結果、世界中に応用されようとしている。
一部の支配者達にとって、支配が楽な、コントロールの利く、奴隷と悪人で構成される社会への地球の全体的移行が表立って、正義の名のもとに行われ続けている。

このまま行くと、ヨーロッパの悲劇は、世界中で起こる日常になるだろう。
そこで生きていくためには、どのようにすべきだろうか?

支配層は、情報コントロールと戦争による殺戮をやめようとしない。

真剣に世界をあるがままに見ていかなければ、飲み込まれてしまうだろう。


私達は自分のいる地域で、出来ることを、人にすがるのではなく、自らの頭と心で判断し、正しいことは実行し、間違っていることは正すように動いていかねばならない。
誰かに言われたからではなく、誰かが正しいからではなく、みんなが言っているからではなく。

法務省が「ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動」と称し、ヘイトスピーチを許さない啓蒙をしています。

私は法務省に、このスエーデンが移民を受け入れ、ヘイトスピーチを禁じ、どのような国になってしまったか、それを我々は望んでいないと、意見として送りました。
冗談じゃあ、ないぞ!

法務省→http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00108.html


また、法務省では、パブリックコメントを募集もしています。
項目の中に意見があればそこで、異なる意見なら、ご意見、ご提案で。

~~~~~

欧州の難民問題、英国もそうです。
この恐ろしい有様は、日本でよく報道されているとは言えません。
この現実は、日本で平和に暮らしたいと思う、日本人のみならず、帰化人、外国籍のものにとっても脅威となります。

移民を多数受け入れた英国の現状

英中部ロザラムで1400人の子供への組織的性的虐待が判明

英中部で、1400人の子供が性的虐待を受けていたことが26日、発覚した
誘拐され、殴られて脅され、国内の他の都市に人身売買されるなどしていた
虐待者の多くはパキスタン系だと指摘されている

自治体の委託を受けた独立調査委員会が同日、報告書を発表した。子供は誘拐され、殴られて脅され、国内の他の都市に人身売買されるなどしていたという。

報告書によると、11歳の少女が多数の男に強姦された例もあった。被害者は、銃を突きつけられたり、ガソリンをかけられ火を付けると脅されたりした。虐待者の多くはパキスタン系だと指摘している。


パキスタン系‥
パキスタンと言う国が、どれほど女性を物扱いしているか、知らない方は調べてください。
そして、私は知っていますよ‥パキスタンが中国を後ろ盾にしていることを!!!!

欧州の難民問題に火をつけたのはドイツでした。
メルケルはとんでもない大悪党です。
そのドイツは中国と密接につながっています。

そして、日本国内において、移民推進やヘイトスピーチ禁止を勧めようとしている共産党は、中国共産党の下部組織と言う噂があります。民進党(民主と維新の合同)や社民などは韓国、北朝鮮とのつながりが指摘され、その後には中国がいます。

中国とはどんな国でしょう?
民度の高い、人の人権が大切にされている国でしょうか?
この中国が世界支配の野心をいだいています。
ドイツ、英国などは、利用しようとして半分食われているみたいに思えます。

対抗できるのは、米国と日本しかありません。
中悪党を叩いていたら、正義の顔をして大悪党がやってきた!みたいです。

応手の難民問題の悲劇の後には、手引きする犯罪ブローカーがいると語られていますが、
私には、その元締めは、中国であるように思えます。
中国には警戒が必要です。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物用の不妊成分を持つ子宮... | トップ | これで嫌韓ブログを運営して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL