自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

温暖化ではなく「氷河期に向かう地球」…世界は冷静に科学者の報告に耳を傾けるべきだ・パリ協定は必要なのか?ペンタゴンリポートとは

2017年06月02日 11時10分42秒 | 異常気象、災害
地球が温暖化に向かっているのをストップさせるということで、パリ協定というものがあるらしい。
人間の活動による二酸化炭素等の増加で、地球が温暖化するのを防ぐために、世界各国でお金を出して対策を取るというものだが‥

そして米国のトランプ大統領が、地球上で最大の二酸化炭素を出し続けているのは中国であり、中国のために行うようなものだ‥ということなのか、離脱を表明している。
これには様々な企業がかかわって金儲けの一大チャンス到来となっているらしい。

しかし!

^^^

地球は氷河期に突入した
https://www.skepticalscience.com/translation.php?a=53&l=11

^^^


科学者の冷静な報告を見ていると、「地球は温暖化どころか氷河期に向かっている」のだそうだ。

まず、温暖化と言っているが国連(IPCC )の報告書では、19998から2012年までの温暖化は1951年の平均値の半分だった…つまり、思ったような温暖化は起きていないそうです。



http://www.cocorila.jp/article/articles.html?num=2013100601

日本に住んでいると、地球は温暖化している、というイメージが強いのですが、先月末、「気候変動に関する国連の政府間パネル( IPCC )」という国連の報告書が流出して話題となりました。

この報告書は、数百人の科学者によって調査された、地球の気候に関する情報をまとめたものであり、今まで人間による炭素の排出によって地球温暖化が引き起こされている、とされていた定説が覆されるようなものとなっていました。

ここ数年は、地球の温度は上がり続けているかのように思われていたのですが、この報告書によると、1998年から2012年にかけての温暖化率は、1951年からの平均値の半分だったとされています。つまり、思っていたような温暖化はおこっていないというのです。

とはいうものの、ここ数年の夏の暑さは異常だった! という方も多いと思います。実際に日本を含め、記録的な猛暑に襲われており、以前に紹介したことがあるように、「世界気象機関(WMO)」が、2001年から2010年までの10年間は記録的な猛暑と洪水が頻発する「異常気象の10年」だったと発表し、南極では氷が溶け出していました。しかし、その一方で、最近の調査によると、北極や南極の氷は全体的に見ると減ってはおらず、むしろ増えてきているとされています。

さらに、今月に入ってから、世界各地で早すぎる雪が観測された、というニュースが流れ始めました。ルーマニアでは、観測史上最低の気温となり、アルゼンチンでは雪と寒波によって、多くの動物が死亡し、南米のチリでは9月から霜によって作物に甚大な被害が発生しているのです。


^^^

ペンタゴンリポート



米国防総省が作成したペンタゴン・リポートでは、2010年以後の世界はどのようになってゆくのかについて次のように予測しています。

まず、全体的には2010年から2020年にかけて、北半球の大陸部を低温乾燥気候が覆うと予測しています。その結果、ヨーロッパや北米は急激な寒冷期に突入します。

世界の各地で次のような変化が表れます。

ヨーロッパの北西部では、次の10年間で年間平均気温が6度も低下します。この地域の気候は、まるでシベリアを思わせるような気候となり、乾燥した状態となります。

降水量が大幅に減少するため農作物の生産が極端に減少し、農民は離農するかまだ少しは温暖な南部の地域に移住しはじめます。

北米地域でも気温が低下し、乾燥した気候となります。

農作物を生産できる期間が短くなるため、生産量が極端に減少しはじめます。海岸部は海面上昇が起こるため、津波の危険にさらされるようになります。

アジア地域では、夏の時期の降雨量の増加によって洪水が多発。
気候は冬は寒く、夏は気温が上昇するため、農作物の生産量が大幅に低下。
飢餓が急速に広がります。

また、夏の間には太平洋で発生する大型台風の直撃があり、冬の間には北極方面からの吹雪が直撃するようになります。
アフリカ地域では東部のケニア・タンザニアなどで、降雨量が極端に減少し、いま以上に干ばつの地域が拡大。飢餓が拡大します。

このような事態が起こることによって国家間の紛争が多発。地球上の安全保障に重大な影をなげかけることになります。
地球の寒冷化について最大の問題は、「寒冷化」が終わる時期が予測出来ないことと、食料の減産を余儀なくされてしまうということです。

寒冷化すると農業の生産量が激減します。
さらに、現在、世界中で海流の停滞が起こっているため海洋資源が激減。
場合によってはマイナス70パーセントの激減すらも覚悟せざるを得ないのです。



^^^

原因は太陽活動の変化!



ペンタゴンリポート、寒冷時代到来を予測したアメリカ極秘文書。

http://takashi1016.com/the-pentagon-report-8892

ペンタゴンリポートという極秘文書の存在を知っているだろうか。

未来の地球における環境の変化をアメリカ合衆国国防省(通称ペンタゴン)が独自にシミュレートしたもので、2003年にイギリスの新聞によってリークされた文書である。

その内容は近い将来(2011~2020年)の異常気象や、環境の変化に伴う情勢の乱れなどを予測したものだった。

文書には2010~2020年の間に地球を襲う異常気象や、食料や資源の不足から各地で小規模な紛争が発生すると予想されていた。

他にも地球温暖化に触れた項目があり、温暖化の根本的な原因は温室効果ガスではなく太陽活動の一時的な異常であるとしている。

以上がペンタゴンリポートの大まかな内容であるが、この文書には地球環境の変化にさらに踏み込んだ部分も存在する。

グリーンランドで調査を行ったところ、今から約8200年前に現在と同じような気候変動が起きていたことが明らかになったという。

8200年前、地球の一時的な温暖化とそれに伴う異常気象のすぐ後に氷河期が訪れ、地球全体の環境を激変させたという。

ペンタゴンリポートによると、温暖化が突如として氷河期へと変貌を遂げた理由は「海流」とされている。温暖化によって極地の氷が溶けだすと海の塩分濃度が変化してしまい、それが海流の流れの変化を、最悪の場合には海流の活動停止を招く。

その結果欧米地域では急速な気温低下が進み、極地の寒気で構成されるスーパーストーム(デイアフタートゥモローのモデル)と呼ばれる巨大な嵐が発生する可能性があるとされている。

2014年現在、各地で気候変動や資源が原因となった紛争や大きな気候変動は起きていない。
2020年まで残り6年、ペンタゴンリポートは現実になるのだろうか。


^^^^^^


ペンタゴンリポート 氷河期に向かう地球】2011年からの気候変動

http://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-11614266631.html


@@@@@


以上転記終了


太陽の黒点がゼロになる日が続いたり、太陽の活動に異変が起きているのは私でもニュースで知っている。
この太陽の活動の変化を調査した結果、地球は氷河期に向かうと予想されている。
これを発表したのが、米国のペンタゴンであるため、トラップ大統領が温暖化を防ぐというパリ協定に参加しないというのは理解できるが、理由は、中国が一方的に得するが米国にはあまりメリットがないということらしいが‥

世界における中国の影響力が増大している。

日本においても、中国に対する懸念をメディアで見ることは少ないという。
私はほぼTVを見ません…

多分…中国批判をするのが…こ・わ・い・のでしょう?

トランプ氏のパリ協定離脱を受けて、あちこちから失望の声が日本からも上がっています。
もっとも笑えるのが、旧オバマ大統領が離脱についてトランプ氏を批判していること。
すでに過去に人と思いましたが‥

地球は生きて活動しています。
温暖化に向かうのか、氷河期に向かうのか、今にわかるでしょう。

それともそうやって資金を集め、氷河期に向かった時に、「ほら、成果が出た!」というのでしょうか?
それとも、氷河期に向かうというとパニックになるので、温暖化防止ということにして資金を集め、氷河期対策をするのでしょうか?

どちらにせよ、今にわかります。
言いたいことは、一般市民でも、ニュースを見ていて、「地球は温暖化に向かっていない。氷河期に向かっていると、米国、ロシア、英国の研究者がすでに発表していることを知っている!」ということ。
嘘をつくのはやめましょう。
ジャンル:
災害
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なめられている日本…なぜ?「... | トップ | 5月28日のポルトガル・サッ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (不都合な真実を見た方がいいと思います。)
2017-06-05 21:22:31
温暖化により海流が変わり、氷河期が引き起こされます。
数か国で発表されているのが氷河期に向かっているということです (kitako)
2017-06-05 23:33:24
あなたのようにきちんと見てい行こうとしている方がいて、幸いです。
氷河期は2019年ころからはっきりしてくると言われています。
もうすぐわかるでしょうね。
私は移住も考えて世界を見ています。
北海道在住ですからね…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL