自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

馬渕睦夫氏・北の金正恩はなぜ核を開発し世界に挑戦出来ているか?世界のどこかが「北」を利用して育てている…?

2017年05月19日 22時35分32秒 | 世界情勢、中国韓国
馬渕睦夫|睨!思想!北の金正●と仏のマクロンの住む世界。日本情勢が世界情勢を。。。奇行の真実と選挙の真実。2つの真実をえぐれ!




「北」を育てているのは誰か?
それは!米国だそうです!
米国の!ネオコンだそうです。
いつでも「北」を利用して、この東アジアエリアを混乱に落とし入れることができる。

やはり…
すべての世界の裏側には…


^^^^


田中宇さんは、トランプ大統領をこのように分析しています。

「潰されそうで潰れないトランプ
 【2017年5月18日】 米国の金融界や財界は、トランプの続投を望んでいる。その理由は、トランプが、米国内産業の保護や、金融やエネルギーの大胆な規制緩和、気前の良い法人減税などを進め、財界や金融界が喜ぶ政策を続けているからだ。米国(や世界)の株価が最高値を更新し続けている一因は、このトランプ効果にある。トランプは、財界や金融界に対する気前の良い(腐敗的、近視眼的な)政策を「贈賄」として使い、経済界がトランプを支持してトランプ敵視の軍産に対抗するよう仕向けている。だからトランプはしぶとい。 」
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再びのサイバー攻撃、世界で... | トップ | RAPT×読者対談(麻生太郎と朝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL