自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。
内容はご自身でご判断願います。

世界で語られている陰謀論10・いくつ知っているかな?無論、真実かは藪の中~。

2017年07月23日 14時16分12秒 | 怖いおとぎ話・宇宙人と政治
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a7%e6%9c%80%e3%82%82%e8%aa%9e%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e9%99%b0%e8%ac%80%e8%ab%96%e3%83%bb%e9%83%bd%e5%b8%82%e4%bc%9d%e8%aa%ac-10%e9%81%b8/ss-BBwDe1Q?ocid=LENOVODHP17#image=2


1、9.11は米政府の自作自演!?

2001年9月11日にアメリカのワールドトレードセンターに旅客機2機が相次いで突っ込み、タワーを崩壊させた、国際テロ組織アルカイダによる歴史的事件。ある調査によると少なくない人々が、これはアルカイダによるものでなく米国政府による「自作自演」とする陰謀論を信じているそうだ。陰謀説によれば、ビルの倒壊はジェット機の突入によるものでなく、事前に仕込まれていた爆薬による爆発によるものだそうだ。



2、月面着陸はヤラセ!?アポロ11号にまつわる陰謀論

アメリカ人の約6%は、人類発の月面着陸とされる1969年のアポロ11号のニール・アームストロング船長らが月に降り立った世紀のニュース映像は、宇宙でなく撮影スタジオで映画監督のスタンリー・キューブリックによって撮られた「やらせ映像」だったと言う陰謀説を信じているそうだ。疑惑として「影の向きがおかしい」、「月面に立てた旗が風で揺れている」など13項目が噂される。



3、ケネディ米大統領暗殺事件

第35代アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディは、1963年11月22日金曜日テキサス州ダラスで車に乗ってパレード中のところを狙撃され、頭部に重傷を負い暗殺された。同日中にリー・ハーヴェイ・オズワルドが容疑者として逮捕されたが、その2日後にオズワルド自身も警察署のなかで狙撃され殺されたため、真相は闇に包まれてしまい、それ以降、暗殺の動機や真犯人は誰なのかと言う点を含め、様々な疑惑が噴出し、陰謀論が噴出している。諸説の中には、CIAやマフィアが大統領暗殺に絡んでいるという説もある。



4、世界を牛耳る秘密結社、イルミナテイ


都市伝説や陰謀論の話題になると、フリーメイソンと並んでよく名前が挙がる謎に包まれた組織、イルミナティ。もともとは18世紀に政治家や文化人、貴族などのエリートが組織する秘密結社として、ドイツのアダム・ヴァイスハオプト教授の主導により創設され、世界各国に支部が存在する。創設目的などが謎に包まれており、ロスチャイルド家やロックフェラー家により世界を牛耳ろうとしている、ユダヤ教に伝わる救世主思想を実現しようとしている、世界統一政府の実現を目論んでいるなどと、さまざまな都市伝説が噂される。

写真:1ドル札に刻まれているピラミッドと目のマーク「プロビデンスの目」はイルミナティのシンボル



5、ワクチンには有害物質が含まれている!?

伝染病予防などのために接種されるワクチンに関して、2004年にナイジェリアで不穏な噂が広まったことがある。なんでもイスラム教徒の人口がこれ以上増えないよう、西側諸国の秘密組織がポリオワクチンに不妊薬を混ぜていると言う陰謀説が流れたのだ。



6、世界を牛耳るのはヒト型爬虫類!?

海外の陰謀説によく登場するのが、ヒト型爬虫類の「レプティリアン」にまつわるもの。元BBCのライターであるデイヴィッド・アイク氏(写真)が自著で提唱した説によれば、人間のふりをした高度な爬虫類生物たちが人類征服をたくらんでおり、そのメンツにはジョージWブッシュ元米大統領や英王室エリザベス女王など世界のリーダー層が多く含まれるそうだ。一見、荒唐無稽に聞こえる話だが、なかなか手が込んだ設定が語られており信奉者も多い。



7、飛行機雲は空中に散布された汚染物質!?

航空機が空を横切ったときにできる、一直線に細長く伸びた飛行機雲は、実は意図的に大気中に散布された有害物質の航跡だという陰謀説があり、ケミカル・トレインを略してケム・トレイルの造語で呼ばれる。説によれば、秘密組織などがわざと化学物質を噴霧し、天候や気温・環境問題をコントロールしたり、人口抑制を試みていると噂される。専門家は取るに足らない稚拙な陰謀論ととらえるが、環境問題が深刻化する中、一部には熱狂的な信者も多く存在する。



8、UFO回収のロズウェル事件で有名な「エリア51」

米ネバダ州にある広大な敷地面積を持つ空軍基地のエリア51は、謎の多いミステリースポットとして知られ、国家機密レベルのプロジェクトや作戦が遂行されてきたとの数多くの陰謀説が流布されてきた。墜落したUFO(未確認飛行物体)とその乗組員である小柄な宇宙人の遺体を収容したと噂されるいわゆる「ロズウェル事件」で有名になった。



9、水道水に含まれるフッ素は人体に有害!?

現在、世界600か国以上で虫歯予防などの目的で、フッ素が添加された水道水が常飲されている。80年代以降、安価な虫歯予防策として世界で広まった潮流だが、選択の自由を理由にこれに反対する声も多い。中には水道水へのフッ素添加は、ワクチンやケム・トレイルのように人口を抑制するために別の薬剤を混ぜているのではないかと言う、陰謀論も根強く語られる。



10、失踪事件多発、魔の三角海域「バミューダトライアングル」

米フロリダ半島から大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域は「魔の三角海域」と昔から呼ばれ恐れられている。この領域でこれまでに数百の船や飛行機、乗務員らの消失事件が相次いで起きている。天候の良い日に飛行機や船が忽然と消え、残骸もみつからないなど不可思議な事件の数々は様々な憶測を呼び、次元の裂け目やタイムトラベルの起点などと憶測する声もある。





@@@

以上転記終了


最近の戦闘機や航空機は、飛行雲がない。
私はよく観察しているので、断言できる。
飛行機雲を発生させているのは??
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ発ニュース・ウイーン... | トップ | 「飛鳥ゼミナール34」飛鳥昭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

怖いおとぎ話・宇宙人と政治」カテゴリの最新記事