投資 勉強まとめ

投資 勉強まとめ

スキャルピングの落とし穴

2017-05-12 12:40:13 | 日記
本日は為替相場に関しての本質的要素に関する説明です。

FX(外国為替証拠金取引)とはいくらかの金額を預けて、その金額から最大25倍もの為替を売買できる取引になります。

為替相場を見定めて売る方も買う方も両方できるような明快な仕組みになります。

日常的に為替取引というのはおおかた国際の為替のことを示すという人が一般的です。

為替の市場は※直接金銭の送らないでも資金のやり取りの趣旨を達成すること※なのです。

FXでは、通貨をやり取りすることでそれらの差額を儲けられるとのやり方です。

こういった二国の通貨の中で作り出される差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。

こういった外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)を獲得することをねらって外国為替証拠金取引の為替トレードをしている方々もたくさんいます。

スワップ金利はそのFX業者ごとにも違ってくるのでほんの少しでも利益が多い業者で取引したいですよね。

ある程度決まったそれぞれの銀行の少なめの利子を運用することよりも、FXとは熱心な資産増加を可能にした経済を認識させる金融商品だと言っても良いでしょう。

外国為替を簡潔にいうと二つの国の金の取り替えのことを示します。

時には適切な判断を下せなくなる可能性があります。

だからこそ頭が客観的な状況で、間違いない準備する事が不可欠です。

"""事前準備""とは、"自分だけの脚本を作成する事から始めます。

将来の投資環境はこうなるだろうから、ランドを売る(あるいは買う)というようにあなたなりの筋書きを書いていきます。

その次はチャートを見ましょう。

これまでのマーケットの動きを見定めて、今はもう買い(または売り)するのが手遅れだなと感じたならば手を出さないで、その場面では潔くあきらめることか大切です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雇用統計と人生の環境認識 | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。