環屋

オタク漫画家環望のヘッポコBLOGなり。まあ見てって。

先週のメビウス

2007年02月12日 09時29分53秒 | Weblog
とりあえず!
メフィラス星人再登場!
ぎゃ~!声が昔と同じ加藤精三さんだ~!
じゃああの初代マンと引き分けた奴と同じ個体な訳?
少なくてもマンダリン草使って子供の生き血を吸ったあげく
「卑怯もラッキョウもあるか~!」の名台詞を遺した二代目とは違うようです(笑)。
今回は映画とのリンクもあるし、人間側のネガティヴな存在も語られるし、次回に期待が膨らみます。

ただヤプールの扱いが映画版のテンペラー星人みたいな大言壮語をはくだけの雑魚キャラに堕しそうなきらいがあるのだけが,ちょっと心配。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

来月掲載ヤンコミ用

2007年02月11日 22時47分26秒 | Weblog
表紙カットを描きました。
原画は使い回しです(笑)。

早起きに拍車がかかってます。
今日はとうとう5時過ぎです。
江戸時代の職人のようです(笑)。
やばいな。おれ。
健康になっちまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康生活

2007年02月09日 11時36分22秒 | Weblog
最近ずっと朝の七時に起きてます。
寝るのは夜の0時。
中学生みたいな生活。
いや、気負ってそんな風に過ごしてる訳じゃなくて、たまたまなんかの拍子でそういうサイクルになっちゃっただけなんですが。
アシスタントたちと5時間は生活時間がずれてる。
もっとも早起きして一人で作業してるその5時間が意外と仕事はかどって快適なのよね。
先日も書いたけど、仕事しながらアシスタントに細々指定を入れるのって、結構神経を使う。
それがない分気が楽なのでしょうねえ。
いつまで続くか分りませんが、早寝早起きライフを堪能するですよ。

で、早起きして書いてる原稿はロリ姫や巨乳姉ちゃんが飛んだり跳ねたりするマンガな訳ですが(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CG集追加情報

2007年02月08日 11時30分50秒 | Weblog
DLSite.comでも発売開始しました。
なんかネット環境によっては、こっちの方が良いという方も多いみたい。
こちらではサンプルぺ-ジも用意されてますので、試しに覗いてみたい方はどうぞ。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

描き文字いっぱい

2007年02月07日 10時34分15秒 | Weblog
今回のヴァンパイアバンドはのっけから集団対集団の激バトルシーンから始まります。
効果線と効果音の洪水です。
十数ページに渡って、全てのコマに「ドガッ!!」とか「バシュッ!!」とか「メキャッ!!」とか「ヒヒ~ン」とか描かれてて、やかましい事この上ない。
ツーかフレアスカートで回し蹴りなんて、どう描きゃ良いんだよ。
スカートどうなんのよ。誰かやってみせてよ。
以前ある大先生に「上手く描けないものをクリアするこつを教えてください!」ときいたら猛烈に的確なアドバイスをいただいた。

「そういうのが出てこないマンガを描け!!」

以来僕は馬が出てくるマンガを描いていません(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CG集作りました。

2007年02月03日 05時32分01秒 | Weblog
仕事の合間にちょこちょこと描きためたCGが結構な枚数になったので、CG集にまとめてダウンロード販売してもらう事にしました。
ネタはウィッチブレイドだ!マイナ~(笑)。
でもいいの。うのさんの絵スキだから。
デジぱれとDLSite.Comで取り扱い。デジぱれでは早くも販売開始してます。
DLはもう少し先。
興味のある人は覗いてみてください。
トップページにリンクが張ってあります。

ただし!
ドエロのCG集なので、興味のない方、その手のものがスキじゃない方はスルーなさる事をお勧めします。

以上宣伝でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベント参加

2007年02月02日 00時15分23秒 | Weblog
漫画評論家永山薫さんの著作「エロマンガ・スタディーズ」が名著であることは反論を待たない事実である。
その永山さんが出版記念イベント「エロマンガ is DEAD( or ALIVE)」を開催なさるというので、昨晩仕事を抜け出してロフトプラスワンまでいってきた。
「来たら壇上に上がってもらうよ」と言われてたので、覚悟して(笑)。
文化論的エロマンガ考察の第一部をへて、ざっとしたエロマンガの歴史を俯瞰する第二部。
出番はここ。
俺は職業漫画家としてエロマンガに携わった身として、二~三発言をさせていただいた。
SF大会の企画などで人まで喋る機会が多いので、大して緊張はしないのだが、実践と経験からしか漫画を語れない労働者型作家のワタクシとしては、なんだがフガフガした事しか言えなくて困った。
イベントが終了した後しのざき嶺先生や浦島さんが来てた事を知り、「この人たちが出演した方が有意義だったかも」なんて思ってしまった(笑)。


さて。今週はヤンコミの例のファンタジーエロマンガを執筆。
だがこれはまだ半月以上締め切りが先。
かなり余裕を持っての作業。
持ち込み企画のネームが埒が明きそうな気配なので、精神的に余裕ができたせいもある。
余裕ができたついでにちょっとした手慰みなんかもしてみちゃったり。
…変な意味じゃなくってね(笑)。
何をやってたかはそのうち日記に書きます。
では。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加