オークランド通信

のんびりしたお国柄が気に入りニュージーランド在住21年。仕事、子育て、生活全版にわたって語ります。

その145 芝刈り機 ”Read the manual” 17−06−17

2017-07-12 14:28:02 | 第141−150回
145号                        17−06−17

   芝刈り機 ”Read the manual”



3年前に夫が亡くなって以来、庭の芝刈りは私の仕事となりました。

 
当時使っていた芝刈り機が壊れていたので、$100ほどの電動の安い
芝刈り機を最初に購入しました。
芝刈り業者に頼むと一回につき40−50ドルはかかるので、$100は2回
使えば元が取れる値段です。
それを3年近く使いました。
安っぽいプラスチック製なので、刃が石に当たって曲がり、本体のプラスチック
に食い込んだりしました。
刃も簡単に曲がってしまう、軟弱製品でした。
それでもだましだましなんとか使ってきました。


ところが、去年の11月のある日、芝刈りしてたら、ヒュー、ストンという音
と共に壊れてしまいました。
1年の保証期間はとうに過ぎているし、新しいのを買うしかなくなりました。
電動芝刈り機は軽くて使い易いのだけど、長い延長コードを引っ張って回ら
なければならない、雨の日は使えないので、今回はガソリン式にしようと
思いました。

それで、近所の日曜大工センターに出かけて行きました。
ガソリン式でも$100くらいから$1000くらいまで色んなのがでてます。
ゴルフのカート車くらいの大きさで、人が乗って操作するのだと$4000
くらいして、ちょっとした中古車くらいします。

考えあぐねていたら、店員が寄ってきました。
彼によると、Ryobiの芝刈り機でSubaruのエンジン175CCを搭載したのが、
パワーがあっていいと勧めてきます。
RyobiもSubaruも日本のメーカーで、名前は知っているし、まあいいか、
と思い購入しました。
$500でした。
彼の勧めで、イヤーマフ、エンジンオイルも購入しました。
その時初めて、芝刈り機にはガソリンとエンジンオイルも入れる必要があると
知りました。
後で娘婿に、うちの庭にはそんなに大きいのいらないんじゃないと言われました。


使ってみると、本体は40キロと重いものの、動きはパワフルでサクサクと
芝を刈って行きます。

半年に一回、エンジンオイルを換える必要があるということで、2週間前
息子に手伝ってもらってエンジンオイルを出しました。
それから、新しいエンジンオイルを入れると、大瓶1lを買ったつもりなのに
どんどんはいります。一瓶全部入りました。

そして、先週芝刈りの日がやってきました。
紐を引っ張ってエンジンを掛けると、白い煙はもくもく吹き出して、ラジエーター
の辺りから油が吹き出してます。
さすがに、これはおかしいと思いました。
お店に電話すると、見てくれると言います。

作業着で、ガンブーツを履いたまま、車に芝刈り機を積み込んで領収書と
共に持って行きました。
カスタマーサーピスで待っていたら、担当者がやってきました。
買った時の彼で、私の事を覚えてました。
彼がチェックすると、エンジンオイルを入れすぎ、ゲージの上まで入って
いると、言います。
エンジンオイルが溢れて、ラジエーターの方に回ってしまったそうです。
これは、修理はちょっと面倒だ、と言います。
じゃあ、また買わなければならないのかな、と一瞬思いました。
ところがなんと、新しい同じ芝刈り機にその場で交換してくれました。
非常にラッキーでした。
その場で、彼は芝刈り機の使い方を説明してくれて、”Read the manual”
と念をおされました。


マニュアル読んでもちょっと意味不明の事があったので、
その晩、You tubeで同じ型の芝刈り機のビデオを見ました。

あるビデオは、男性が新しいスバルのエンジンの芝刈り機を買った喜び、
どのように操作するかをパッションを持って、熱く語っていました。
私は、カーキチ、ならぬLawn Mowerキチがいることを発見しました。
この男性のように芝刈り機を愛せるかどうがわからないけど、今度は
大切に使おう、と思いました。
Lawn Mower, Edge trimmerなど新しいマシンを使いこなせるように
なり、私の世界が広がっていってます。
『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その144  生花インター... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL