北多摩の爺さん

下り坂を歩き始めたら
上り坂では見えなかったものが見えてきた。
焦らず、慌てず、我儘に・・・ 人生は後半戦が面白い。

ふく刺し

2017年01月04日 | 日々のいろいろ

[ Fantastic etc. - ふく刺し ]


河豚(ふぐ)、何とも愛くるしい姿の魚だが、
肝には猛毒があり、
誤って食べると死に至る。

天下の台所・大阪では、
たまに(偶に)当たる。
弾(たま)に当たる。
当たると死ぬ。から鉄砲と呼ばれているが、

河豚(ふぐ)の本場、山口県下関では、
ふぐは不遇に繋がることから、
縁起を担いでふく()と呼ばれている。

地方には、地方の文化や風習があり、
土地、土地で呼び名が違うことは良くあるが、
共通していることは・・・ 極上の味


お刺身、お鍋、唐揚げ、雑炊、等々
冬の贅沢なら・・・
やっぱり、河豚(ふく)だ。


追伸

天然とらふぐの取り扱い量が日本一の山口県下関市の南風泊(はえどまり)漁港では、
今朝の未明に、新春恒例の初競りがあったそうだ。

仲買人が筒状の黒い袋の中に手を入れ、競り人の指を握って買値を伝える伝統の「袋競り」で、
天然物のとらふぐが、次々と競り落とされていく風景は何とも奇妙で本当に面白い。
これからがシーズンだけに・・・ 例年以上の水揚げに期待したいものだ。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根駅伝(千代田区) | トップ | 放牧宣言 »

コメントを投稿

日々のいろいろ」カテゴリの最新記事