北多摩の爺さん

下り坂を歩き始めたら
上り坂では見えなかったものが見えてきた。
焦らず、慌てず、我儘に・・・ 人生は後半戦が面白い。

ストロベリームーン

2017年06月10日 | 季節のいろいろ


梅雨の中休み、
水無月の夜空に妖艶な満月が輝いていた。

アメリカでは、苺の収穫期にあたる6月の満月を
ストロベリームーンと呼ぶそうだ。

この時期は夏至に近いことから
太陽の高度は高くなり、月との距離が遠くなるので、
空気の層に太陽光が吸収され、
最後に残った赤色だけが月に反射することから、
苺のような色に染まるというのが・・・ ロジックらしい。

赤い月を期待して、早めに帰宅したんだが、
北多摩の空には、けっこう厚い雲
日が落ちているのに・・・ 月が見えない。

それでも風があったので、気長に待っていると
20時を過ぎた頃、ほんのひと時だけだが、
雲間から顔を覗かせてくれた。

慌ててカメラを構えたが、
北多摩の夜空に現れたストロベリームーンは、
赤くなく、いつもの見慣れた色だった。

恐らく、本当は赤い月なんだろうが、
高く昇ってしまうと、空気中の不純物が影響して
いつもの色に見えてしまうのだろう。(想像だけど)

残念・・・ この次のストロベリームーンは一年後
忘れてなければ撮影しようと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんかつ(赤坂・まさむね) | トップ | 天皇陛下退位の特例法 »

コメントを投稿

季節のいろいろ」カテゴリの最新記事