北多摩の爺さん

下り坂を歩き始めたら
上り坂では見えなかったものが見えてきた。
焦らず、慌てず、我儘に・・・ 人生は後半戦が面白い。

WBC 2017[ 2nd Round・JPN vs.CUB ]

2017年03月15日 | めっちゃ!興奮

ファイナルラウンドに王手をかけたい日本が対戦するのは、既に1敗し崖っぷちに追い込まれたキューバ
ファーストラウンドでは壮絶な打ち合いの末、勝ってはいるが参考にはならない。
エース菅野をマウンドに送り、接戦を制したいところだっが・・・

試合は、いきなり初回から動いた。
1回裏、山田の先頭打者ホームランで1点先制したあと、二死12塁と攻め立てるが6番坂本が倒れ1点止まり、
その直後の2回表、先頭打者を内野安打で出すと、菅野が1発を浴び・・・ あっという間に逆転
なおも一死2塁と攻められるが、菅野が粘って何とか凌ぐ。
解説者も言ってたが・・・ ちょっとボールが高いような気がする。

3回裏、二塁打で出た1番山田を、4番筒香のタイムリーで返し同点とするが、
直後の4回表には菅野が連打を浴びて2失点、再び追いかける展開となってしまった。

5回の表を2番手平野がキッチリと抑えると、無死12塁から2番菊地が送って一死23塁
ここから3番青木の内野ゴロと4番筒香のタイムリーが出て再び追いつく。

しかし、しかし・・・ 6回表からマウンドに上がった3番手の増井がつかまって、
三度目のリードを許してしまったが、その裏、9番小林にタイムリーが出て三度追いつき後半戦に突入

7回の表、4番手の松井がキッチリ3人で抑える。
そして8回裏、相手のミスによってもらった一死13塁から、代打内川が犠牲フライを打ちリードすると、
1番山田に、この試合2本目のホームランが出て一気に勝負を決めた。

最後は守護神・牧田が9回表をキッチリ3人で打ち取り乱戦に決着
粘り勝ちというか・・・ 執念の勝利で、ファイナルラウンドへ大きく前進した。

とは言うものの・・・ 今日は、相手のミスで勝たせてもらった感がある。
6回の同点となったシーンでは、三振振り逃げに暴投があってからのタイムリー
8回の決勝点は、内野ゴロのファースト捕球ミスのあと、
一死13塁からライトへのファールフライが、犠牲フライとなっており・・・ 何となくしっくりこない。

いよいよ、ファイナルラウンドに王手となったが、
最後は、そんなにすんなりとは行かないだろう。
ファイナルに向けて苦労するのは構わないが、
あまり心臓に悪いゲームだけは、勘弁してほしいものである。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
WORLD BASEBALL CLASSIC 2017 [ 2nd Round / Tokyo Dome Japan ]

2017.03.14 (TUE)  JAPAN vs.CUBA
     1  2  3   4  5  6   7  8  9    R  H  E
CUB  0  2  0   2  0  1   0  0  0 =  5 10  1
JPN  1  0  1   0  2  1   0  3  X =  8  9  0
[ 投 手 ] 菅野(4)-平野(1)-増井(1)-松井(1)-秋吉(1)-牧田(1)
[ 本塁打 ] 山田2(1回/1点.8回/2点)
[ 三塁打 ]
[ 二塁打 ] 山田(3回)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラビアの王様ご一行 | トップ | WBC 2017[ 2nd Round・JPN v... »

コメントを投稿

めっちゃ!興奮」カテゴリの最新記事