tamagon's diary

食べるの大好き♪飲むのはもっと好き♪
着物とパソコンも、だ~い好き

思い出が詰まった付下げをリメイク

2017-03-15 | きもの

留美子さんにお願いしている付下げのリメイク
昔の反物ですから反幅が狭いんです

どうすれば美しく仕上がるか・・・
留美子さんと一緒に考えました

そういえば黒絵羽織の裄だしをお願いしたことがあったわ!
羽織の衿から布を確保して袖口に接いであります

今回は違う方法が良いなぁ~、と思っていたら
留美子さんから↓

創作浄瑠璃の野澤松也師匠がお召しになっていた羽織が素敵で、袖口のほうに7~8cmの別布を接いでいました
「羽織は大きい方が良いのでこうしてもらいました」と。
別布を足すには色を吟味しなくては・・・紫色以外のお着物にも合うようにあまり色を入れないか、柄にある色を入れるか、など。
まだ思案中m(__)m。


お手数をおかけします、どうかよろしくお願いいたします
アタシも色々と考えてみます

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深川きものdeまち歩き♪きっと... | トップ | 出張着付け、卒園式に参列さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。