目覚め

2010年12月20日(月)

自我の完全消滅とその後

2016年11月18日 | 覚醒
全ての自我がなくなる体験をした時の事です。

最後まで残っていたツインレイへの執着が、外れた瞬間にそれはやってきました。

自我がないと何も見えません。 目で見たとしても意味が解りません。 会話もできません。 何もないのです。



習慣なのか何なのか、肉体があったお陰で、仕事に出かける事は出来ました。

しかし、話しかけられても、単語一つ持ち合わせていないので、話しかけてきた人の自我エネルギーを借りた覚えがあります。

こちらから会話の内容を提供することはできませんでしたが、相手の言った事にその人のエネルギーを使って、対応することはできました。

ですから、悪口を言うのが日常の人のそばに行けば、それに激しく同意してしまうし、

黙々と仕事をする人のそばに居れば、同じように黙々と仕事をこなしていた記憶があります。 

このように、誰かがそばに居るときは、相手の言う事をそのまま受けて、同じように過ごす感じだったと思います。

後は家に居て、ぼーっとしていたと思います。(記憶もおぼろげで曖昧です)




感情を感じる事もなく、肉体を維持するための行動を繰り返し、そこには喜びや感動がありませんでした。

淡々とした日々のパターンの中で、ある日「空しい」と感じる自我ができたように思います。

やがて「つまらない」と、感じる自我も生まれました。



このようにして、「空しいと、つまらない」を感じるようになると、「それを解決したくなる」自我も生まれました。

次に、「楽しいを感じたい」自我が生まれ、食べる楽しみを持ちました。


そうこうしているうちに、分離の世界では、自分と自分以外との「関係性が解らないと、生きるのに不自由だ」と気づきました。

親子兄弟、友人知人、ツインレイなど、自分にとっての相手がなんであるかの「関係性を知ろうとする」自我を持ちました。



だからと言って、以前のように、執着がありませんので、この時点では誰が特別と言う事もありません。(今も希薄ですが)



ここまで書いて気づきましたが、生まれたての赤ちゃんと同じような、自我の成長?ぶりですね。

本能で無心にミルクを飲み、成長するに従って、お母さんを認識し、自他の区別がつくようになるのと、とても良く似ています。




自我は自分の意志でつけることができ、これを個の私と感じる分離の次元もあるけれど、それは実態のないものでもあり、

外したりつけたりできるものであることも、体感として得ることができました。



自由自在に選択し、選べるものは無限にあり、その都度次元をチョイスし、好きな自我のフィルターを使い意味をつける。

常に選ぶことができるものが自我であり、そのようにして見たい様に外を見ている、常に流動的なのが私達です。

悟ると最初に気づくのが「無常」であるのは、流動的なその部分に気づくからではないかと思います。



ここで生きるにあたって、必要な自我を再構築してみたものの、どこかそれは曖昧で、

再び向かうところはやはり、以前と同じ「一つ」だと言う事も解ります。



誰も皆、生まれてから、死に向かって生きてゆきます。 

悟りで生まれ、自我を使い様々な体験をし、再び悟りに帰ってゆく。 

これが人生なんですね。






スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから。


ブログランキング参加中   
人気ブログランキングへ




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全てが一通過点

2016年10月24日 | 覚醒
昨年末から今年初頭にかけて、私には特定のグルが居ないので、グルとは何ぞやを模索していました。

私なりに行きついたグルとは、やがて「導かれるものも導くものも居ない」という場所に到達するまでの、流れの中の一通過点であると言う事でした。
私のように杉の木を始めとし、見るもの全てが師(グル)と捉えている場合もありますし、特定のグルの教えにより学びを得る方も居ます。 
その、どちらにも良し悪しはなく、ただそうあるというだけの事でした。


意識が大きなが変化を起こすパターンは、一定の流れがある訳ではありません。
娘や片割れ君も、特定のグルが居たわけではなく、見るもの全てが師と捉えているパターンですが、その流れは各々違います。

娘のくぅちゃんは、自分を振り返り、足らないものは感謝だと気づき、ありがとうを言い続け、善行を重ねていたら、ある日突然にそれはやって来て、一気に肉体を離れそうになったと言います。

片割れ君は、3.11の地震を切っ掛けに大きく変化し、肉体を離れそうになったと言います。

他にも、ヨーガを続けているうちに変化する方もいれば、誰かのヒーリングがきっかけであることもあるでしょうし、ツインに会ったことが切っ掛けになる方もいるでしょう。
このように、気づきと共に起こる意識の変化の流れは、人の数だけあると思います。


私には特定のグルがいるわけではありませんので、その都度接した物や方々から学ばせていただき、少しづつ内なる統合が起こったので、全てが師であると感じています。

眠りきらず半開きのまま大人になり、20代で一旦眠ったものの、30代で再び少しづつ開き始め、大きく変化したのが6年前。
その後はゆっくりと階段を上がるように変化し、5年目で宇宙の概要を垣間見て、未だに変化し続けています。

体験してきた変化のきっかけは様々で、チャクラ浄化のCDを聞いているうちに、クンンダリーニ昇華し、杉の木との共振共鳴で意識が反転しました。

その後は出会った方々からの学びの変化や、娘のくぅちゃんのヒーリングによる変化、片割れ君との松果体の共有による変化、誘導瞑想による変化、アンマのダルシャンにより最後まで残った執着が外れるなど、こんな流れで、全てのカルマが消えた後、梵我一如の体験があり今があります。



梵我一如とは、ウキペディアより引用
>梵我一如(ぼんがいちにょ)とは、梵(ブラフマン:宇宙を支配する原理)と我(アートマン:個人を支配する原理)が同一であること、または、これらが同一であることを知ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想。古代インドにおけるヴェーダの究極の悟りとされる。不二一元論(advaita, アドヴァイタ)ともいう。


この表現にもあるように、師も個の私も消えた時に、作り手と作られ手が揃って一つの物であり、全ての様を見ているだけの、完全自立にも似た、たった一つのものであると同時に、全体そのものであることに気づいた瞬間でした。


全ては無常である故、刻々と変化して行くものです。
私という一人の人間が、悟りで生まれ、眠り、再び永遠の悟りに向かい、どのような足跡で肉体の終りに近づいて行くのかという記録を残して行こうと思うと同時に、より肉体をクリアリングし軽くしてゆく事に興味があり、やがては自身の意志でそこを去る事ができるようになるものなのか・・・興味津々の日々です。




スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから。


ブログランキング参加中   
人気ブログランキングへ




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒーリングとエネルギーディクシャ

2016年10月21日 | 何気ない話
何年も前から、瞑想中や瞑想後に、両手にボーリングの玉くらいの大きさのエネルギーの玉がクルクルと回っているのは気が付いては居ましたが、あまり気にも止めていませんでした。

2015年初夏に全てのカルマが消えた状態を体験した後は、手のひらにエネルギーの玉ができるだけではなく、天から地中に向かい私の身体の中心を光が貫き、手のひらからも、その光を放出してる事に気づきました。

それ以降は、他の方にエネルギーを送ろうとすると、思考が止まり自我が消え、身体全体がエネルギーが通るためのストローのようになっていることにも気が付きました。
そして自我を含まない、純粋な根源エネルギーを流す事が、ヒーラーとしての役割であると思うようになりました。

以下の記述は、対面ヒーリング前にお読みいただいているご案内です。



★゜・。。ヒーリングとは ★゜・。。・゜

わたし達は1人づつ地上に肉体を持ち、それぞれは分離して別々に生きているかのように見えますが、その肉体を動かすために、宇宙にある「源」よりエネルギーを取り入れて生きています。
その「源」は一つであり、誰も彼も皆同じエネルギーによって生かされているのです。
エネルギーを取り入れている様子や、流れる様子は、目には見えませんが、体内にあるナーディと呼ばれる管を通り、チャクラと呼ばれる換気扇のようなものでエネルギーを循環させています。
では、そのエネルギーの流れを悪くするものは何でしょうか?
人は生きて行く上で大人になるにつれ、知らず知らずの内に沢山の「観念・概念・思考・・・etc」などの「自我」というものを身につけて行きますが、時にはそれが意識の自由への縛りとなり、生きにくさを感じる原因となったり、エネルギーを取り入れる妨げとなったりする事があります。
このエネルギーの通りの良くない状態を、「眠りの状態」と定義します。

これに対し、エネルギーがふんだんに取り入れられている状態を「目覚めの状態」と定義します。
例えば、小さな子供は概念・観念・思考などと言うものは持っていませんので、つまる物が何もないため、エネルギーを容易に取り入れながら、とても元気に動き回っています。 これが「目覚めの状態」です。
本来はみな、子供のようにつまりの無い「目覚めた」状態なのですが、大人になるにつれ次第に、色々な物を身に着け思考し自我を持ち「眠りの状態」になってゆき、やがては「目覚めている」ことをすっかり忘れ、エネルギーがうまく取り入れられなくなり、身体や心に乱れが起こり始めるのです。

癒し手であるヒーラーは自身の自我を、瞑想や内観により外し、身体を完全にストロー状態にし「源」より、「全てのものが共有している源のエネルギー」を取り入れ、癒やされ手であるヒーリーの肉体に流します。 そうすることで、ヒーリーのエネルギーの流れが、本来の流れになるように導いてゆきます。
何回かのヒーリングの後、スムーズなエネルギーの流れが定着した場合、健康の維持、免疫力や治癒能力の高まりだけでなく、ナーディやチャクラの詰まが外れ、意識が上昇に向かって行きます。
本来の在るがままの姿、「目覚めの姿」に戻りつつ、源のエネルギーをご自身の力で再びスムーズに取り入れられるように、体質を改善して行くお手伝いを致します。



★゜・。。エネルギーディクシャとは ★゜・。。・゜

ヒーリングと同様の根源エネルギーですが、意識を上昇させる為に、松果体を含む連動したチャクラに送ります。
ナーディやチャクラのクリアリングにより、肉体の周波数がある一定になった後、デクシャ可能となります。
肉体の周波数が低いままデクシャすると、肉体と意識の不調和が起こり、めまいや吐き気や不快感を感じることが有りますので、肉体の準備が整った方にのみ可能です。
基本的には、瞑想や内観、観念昇華により、ご自身のワークで心身ともに上昇させることが大切ですが、根強く付着する分離のエネルギーは外れにくいものがあります。
そのような時に、それらを外すためのお手伝いをすると同時に、意識の拡大へと導いて行きます。






スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから。


ブログランキング参加中   
人気ブログランキングへ




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大悟りと解脱の悟り

2016年10月16日 | 覚醒
>大悟とは、真我(空)に完全に覚醒する悟りのことで、解脱の悟りとは、
無明を理解することであり、一切の考えを掴まなくなることです。


この概念の様に、覚醒にも様々な過程があって、私のように大悟り、解脱の悟りと、段階を経て体験する者もあれば、
私の娘や、片割れ君の様に、その過程が無く、一気に肉体を脱いでしまう寸前まで意識が上昇する人も居ます。


私の場合、階段を上るように、5年かけて徐々にシフトしましたが、最後まで残ったのが片割れに対する執着でした。
それが流れ落ちてしまった今振り返ってみると、一つでも執着があるのと無いのとでは大きな違いがありました。


たった一つと言いましても、それが人間関係(わたし対あなた)の認識がある視点と無い視点ですから、
無くなった時点で、別世界に行ってしまったかの様な、感じがしていた記憶があります。
こうして言葉を用いて、記述している時点では分離していますし、私という個が存在します。
しかし、解脱を垣間見ている状態の時は、私は居ませんし、外の世界さえも認識できません。


瞑想状態の時に、空を彷徨い、私を認識できないと言うものとは明らかに違います。
瞑想している訳でもないのに、私が居ないまま(おばけの様に?)それまでにしていた事柄をこなしていましたが、
言葉を発するのは、誰かのエネルギーを借りないと、話す事ができませんでした。
誰かのエネルギーを借りるとは、その人の自我を借りて、そのフィルターを通して会話をする感じだったと思います。
そんな状態が、3か月くらい続いていた様な気がします。



その状態から抜け出せたのは、過去のデーター(メールなど)見て、その時の記憶を呼び戻すかのように
再び自我を付け直し、新たな自我のフィルターを通すことで、外の世界を映し出す事ができるようになった記憶があります。


再度自我を付け直したのは、楽しいと感じる私が消えたことで、
淡々と肉体を維持するための行動を起こしているだけで、
何故ここに居るのか解らなくなったからです。



今の私は、ただ観ている、ただここに在る状態と、分離の世界を行ったり来たりしていますが、
そうなる以前の、分離が主流だった頃の私は、
善悪(光と闇)のジャッジにより意味づけをし、
それを楽しんで過ごしていたのだと言う事も解りました。



意味づけしながら生きる事が、この世界の楽しみ方なので、
悟っていようと居まいと、どちらでも良いのですが、
時に善悪のジャッジがきつ過ぎて、生きることを楽しいと思えなくなってしまったら、
生きやすいと感じるくらいまでは、観念を概念を昇華する事が良いのではないかと思います。




スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから。


ブログランキング参加中   
人気ブログランキングへ




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙と意識

2016年10月12日 | 覚醒
2010年に、大きな意識の変化があって、それ以降約5年かかって、
球体に例えればざっくりとですが一周し、その全体観を捉えることはできたのではないかと感じています。

多次元を、分離の概念である文字に置き換え表現するには無理があり、理解されにくいとは思いますが、
今回は、今現在までに体感として得た宇宙と意識のビジョンを、書いてみようと思います。





球体を作ろうと中心から外に向かい線を引くと、引ける線は無限にあり、
線の引き方が細かければ細かい程、まんまるな球体になるかと思います。

無限に引くことのできるその線を次元とするならば、
まんまるな球体の宇宙を創るには、無限に次元の線を引き続けて行かねばなりません。
無限の次元の線を引くとは、無限の視点を持つ事と同様の事を指します。

中心の源の中に入ると、そこにはエネルギー(光)しかありません。
外の世界(分離の世界)を見ようとしても、フィルターを通さないと見ることができません。
そのフィルターの数が多ければ多い程、分離の世界が豊かに創造されてゆきます。




一方、創造された側である分離の個の私は、光だけでは体験できないので、肉体という着ぐるみをまといました。
何かになろうとする必要もなく、在るがままで過ごし何を想い感じるか、それを知りたくてここに居ます。
それを純粋に感じるためには、脳で思考して作り上げた、観念や概念は必要ありません。


思い返せば、以前ハート(体でいえば心臓のあたり)を中心に、体をリバーシブルにしたことがありました。
すると、外の宇宙に出てしまい、内なる宇宙は、外の宇宙はつながっていて、同様の物であることを知りました。 
その辺りから宇宙全体の仕組みが見え始めたと思います。

そして、根源と分離の成せる、それらの一連の出来事を観ているのが、本当の私であり、
さらには私という感覚すらない、ただ観ている何者かということを知りました。


ツインレイも、源(一元)から見れば、分離(二元)を観る時の視点の一つであり、分離の概念です。
しかし同じものを分離(二元)側から見れば、それは実在であり体験体感の事実として、
魂の記憶に刷り込まれてゆく情報の一つでもあります。

体験を観察し、その移り行く様を言葉に置き換えた私の覚書のようなものですが、
これからも色々な視点から、綴って行きたいと思います。





スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから。


ブログランキング参加中   
人気ブログランキングへ




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

統合へ向かうために

2016年10月05日 | お知らせ 
内的統合(男性性、女性性の統合)


ツインレイに出会い、真反対の相手を見て統合して行く人生を、プログラミングして生まれてきた方も居れば、

真反対の相手ではなく、出会う全ての人を鏡とし、統合して行く事をプログラミングして生まれた方も居ます。

どちらの人生にも、良し悪しはありません。 

他者(ツインレイを含む)を鏡として統合へ向かう事が、永遠の幸せを感じる道となります。



片割れに出会った方は、ツインレイとの関係は三次元では相対 (二元性の自分の対極) が映り、

統合された高次元では相似 (ま映し) となりますので、その人だけを見て内に返し、統合させてゆきます。



片割れに出会ってない方は、自分以外の方を見て、相手がだれであっても、内に返し統合させて行く事で、

ツインレイに出会ったのと同じように、ま写しとなります。



ま写しとなると言う事は、そこは一元の世界であり、

「貴方と私」ではなく、「貴方は私」を体感として得る事であり、

本当の私は真我であるり、私しかいない事を思い出す事です。

(最終的には、その私も居ないのですが)



そして、ここに生まれてきた理由、魂に刷り込まれた記憶を思い出す事で、

なにを体験したくてここに生まれて来たのかが解り、そこへ向かう事ができるようになります。



しかし、真我は自我に覆われて、なかなか気づくことができません。

自我とは、生まれてから思考して身に着けた観念や概念ですから、元々はなかったものです。

自我を一つづつ外して行くことで、真我が姿を現してきます。

真我を直接感じる事ができるようになれば、生まれる前の魂の記憶も思い出すことができます。



ではまず、どのようにして自我を滅して行けばいいのでしょうか。

自我を薄くしたい薄くしたいと、自我で望んでも叶うものではありません。

内的観察をし、身に付けた観念を少しづつ昇華してゆく事によって、

次第に意識状態を変化させてて行く事でたどり着けるものなのです。




内的観察とは、感情や思考を、中立な視点から客観的に見て行くことを言います。

日常では起こることが起こっていますが、現実に意味はありません。

一人一人が現実を見て、思考や湧き上がる感情などで意味をつけ、見たい様に見ています。

意味づけを外して行く事が、自我を滅してゆくと言うことです。

また、瞑想し思考が止まっている時間を作りだし、何もない状態に近い、混沌、空(くう)を感じる事も大切です。



この様なワークを、日常に習慣化させて、魂の望む方向へ向かう事で、日々が充実することでしょう。


10月10日の吉祥寺のお話し会は、ツインに出会っている方も、居ない方も、参加いただける内容となっていますので、

観念昇華、内観に興味のある方もお待ちしています。



【お話し会の申し込みフォーム】

PC・スマホ共用フォーム
スマホ専用フォーム
携帯電話用フォーム








スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから。


ブログランキング参加中   
人気ブログランキングへ




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツインレイでお悩みの方のためのお話し会

2016年09月03日 | お知らせ 
ツインレイ(ツインソウルとも表現される)とは、根源から原初の分離をした同じ魂を持つ片割れの事を指します。

分離の概念ではありますが、唯一無二の相手であり、性別の違うもう一人の自分と感じる存在です。



双方既婚でツインレイと出会い、その辛さを克服したクォンタムと、

子供の頃からツインレイの記憶を失わず、紆余曲折して片割れに出会ったじゅえるんの

お話会と座談会です。


まだ出会って居なくても、ツインレイとは何ぞや?と興味をお持ちの方も、参加OKです。

観念昇華、内観、瞑想などをしたいけれど解らないと言う方も、お待ちしています。





【内容】


第一部   ・瞑想(15分程度)

      ・ツインレイと宇宙の仕組みのお話し

      ・クォンタムとじゅえるんの体験談

   

第二部   ・お悩みのある方の相談、座談会



辛い気持ちを軽くするするには、どうしたら良いか

どうして辛くなるのかなど、ご質問に詳しくお答えいたします。

観念昇華のワークもしていただきます。

資料はお持ち帰りいただき、繰り返しお使いいただけます。

★心情的に辛い方や、気の流れの滞ってる方に、じゅえるんがエネルギーディクシャします★







【日時】


2016年10月10日(月) 祝日 体育の日 

開場 13:15

開始 13:30~16:30

2時間半から3時間を予定しています。 



【会費】

お一人様  8.000円 



【場所】


都内 吉祥寺駅より 徒歩2分 

(詳しくはお申込みいただいた方へ返信でお知らせします)



【申し込みフォーム】

PC・スマホ共用フォーム
スマホ専用フォーム
携帯電話用フォーム








スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから。


ブログランキング参加中   
人気ブログランキングへ




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

統合とライトボディ

2016年08月12日 | ツインレイ・ツインスター

久々のブログ更新です。

今回はツインレイに出会った人の統合(覚醒)と、肉体の変容(ライトボディ)について書いてみたいと思います。

これは私個人の体感なので、こうでなくてはならないと言うものではありません。

体感を分離の言葉に置き換えていますので、表現に無理がありますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 


*じゅえるんの見るツンレイの統合*


ツインレイとは根源から原初の分離をした一対の魂(光)の事であり、

肉体(分離)レベルでの恋愛の概念を当てはめる事ができません。

+と-のような関係なので、相容れない存在と感じるかも知れませんが、

理屈を超えて引き合います。

同じ魂を分け合った性別の違う相手、統合前は真反対(対極)のようにも感じられます。


しかし、相手の姿は鏡に映った自分の姿。 

それを認めて受け入れて行くことで、統合が起こります。

 

統合に向かうためには、内的観察(内観)が必要になります。

相手を見ては自分に返し、自身の内側にあるもの(感じるもの)を見て行く作業により、

かつての恋愛観や、相手への執着、恋愛依存、回避依存・・・etc

膨大な量となりますが、それらの観念概念を手放すことで

内にある男性性・女性性が統合されてゆきます。

 

また、内観と同時に、瞑想し、自我である思考が止まっている状態を作り、

何も意味づけのない状態、混沌、空(くう)を感じる事も大切です。

 


この様にして内観が深まると、自我はどんどん薄くなり、やがて根源から分離した魂が

何を体験したくてここに降り立ってきたかを思い出します。

根源から分離した時点では一つの光(両性具有)ですが、

その後二つに分かれ、男女の姿を持って生まれてきたのがツインレイですから、

片割れも当然同じものを体験したくてここにきています。

これを思い出すことにより、これから先どのような在り方をしていったらいいのかが見えてきます。

 


この世界で結婚し子供を授かる事が体験したかった魂もいるでしょう。

私たちの様に、ヒーリングやディクシャをしたくてと言う魂もいます。

ヨーガであったり、教育の世界に身を置くことを望む魂もあるでしょう。

その在り方は、ツンレイの数だけあるかと思います。

 

中には、それぞれが別々に地球体験し、肉体を失った後に共にあろうとする魂もあるでしょう。

このような方の統合は、目で見たもの全てを内に返して行くことでされてゆきます。 

ツンレイは、相手が肉体を持っているとは限りませんので、その場合も同様にして統合して行きます。

 

 

分離の世界での今までの恋愛は、男と女に分離して向き合い、

相手を自我の望みに近づいてもらうべく、その関わりを楽しむ物でしたが、

ツインレイと出会った場合は「もう一人の自分への完璧な信頼」の元に同じ方向を見て、

共に成し得る同じことを体験すること。

これがこの地球で肉体を持って出会った、ツンレイ達の在り方だと思います。

 

ツンレイに出会ってしまったら、長い道のりになりますが魂の記憶を思い出し、

根源の望む体験をする方向に向かうしかないと思います。

 


魂の望む在り方を実現するタイミングは、ベストなタイミングでやってくると思います。

そのベストなタイミングを逃すことなく、湧き上がる想いに素直に行動をすること。

そこに、思考などの自我は必要ありません。

自我で流れに逆らわず、全てを委ねていることが大切であるかと思います。

 

 

 

 

*統合の後、究極のライトボディに向けて*


ここから先は肉体を超えたお話になりますので、一部のツンレイのみの体験になるかも知れません。

私個人は全てをまだ体感として得ていない領域であり、魂の記憶にある物や、

娘のくぅちゃんとの談話から気づきを得た内容も含め記述します。

 

 

魂(光)は、観念や肉体のクリアリング、先祖からのDNAの記憶、集合意識など、

分離の世界のエネルギーを極限まで昇華することで、

最終的には究極のライトボディに向かい、肉体を超えた統合をすると思われます。

 

女性性、男性性を司る星、アンドロメダに意識を傾け、そこに存在する光達を見て、肉体を具現化させると、

その姿は、女性の後ろに男性の姿が影のように見え、存在そのものの形が二人で一体の様に見えます。

 

その存在より伝えられたメッセージを記しておきます。

地球で多くのツインレイ達にめぐり逢ってもらい、宇宙全体のバランスを整えるために、

ツインレイの間に循環している根源愛で、この地球を満たして欲しいとのこと。

また何組ものツンレイ同士が関わる事で、更に意識がシフトし宇宙全体の繁栄を目指す事になり

「宇宙全体の中の一つのもの」として機能すること。

それに対してアンドロメダから、できる限りのサポートはするとのこと。

 


アンドロメダの存在のように、肉体を超えた魂の統合とは、

男女の区別のない両性具有の一体となり、根源からわかれたばかりの光(魂)と同じ状態に戻ること。

この地球では、男女別な肉体を持っていても、同じ魂を持った男女であり、2人で完成された1人、一対の状態となるでしょう。

 

統合する前は真反対に見えていた相手が、統合後は真鏡になり、もう一人の私と映ることと思います。

それまでは、できる事とできない事すらも半分づつの様に感じ、

相手にはあるけれど私は持ち合わせていないと感じていたものも、

全てがここにあり、完璧であると感じられ、それを府に落とせると思います。

姿を現したツンレイを見て成せる魂の統合は、肉体を超えた具体的で繊細なものと思われます。

 

自我を滅し切った肉体は、究極のライトボディとして、やがてはテレポテーションする体験をするかと思われます。

それを目指すかどうかは、ツインの魂の自由な選択ではないかと思います。

 


スカイプ(FaceTime・LINE)セッションの
お申し込みはこちらから


http://mother-jewel.amsstudio.jp/002.html

 

 

 

ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ

 

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッターより

2016年01月15日 | メッセージ

*2016年01月15日(金)

観念昇華の後肉体の中心に
天から地に向けて光の柱が立ちます
柱の中はエネルギーの光(愛)以外何もありません
外側には時間も空間もない存在のすべてがあります
これらは光によって作られています
それを見るには自我(フィルター)がないと見れません
これら全てが揃って一つの物なのです
posted at 12:37:40

 

*2016年01月14日(木)

自我意識の脱落(覚醒)の後
観念昇華が不十分であると
握り締めている時間が長く
残った観念でのジャッジも出て来る

徹底した観念昇華をしてゆくことで
一瞬一瞬ただ感じるのみになる
その後は感じた物に対する執着は何もない
厳密には一瞬握り締めては感じて捨てる繰り返し
これが悟り
posted at 12:26:04

 

*2016年01月12日(火)

宇宙と言う名の無限大のタペストリー
一つ一つの星が輝く事でその美しさは増すんだな

どんな私でも好きになることで
個の輝きは増すんだな

怒ってもいい 泣いてもいい
それがどんな物か体験するためにここに居る 
何もかもが同じ愛のエネルギーでできている
posted at 11:16:49

 

*2016年01月11日(月)8 tweets

誰しも皆 
自身の本質(内側)と
繋がって生きるなら 
そこに争いが起こるはずもない

根源は
何一つ同じ物は
作ってはいない故
争いの種がそこにはないのである

違うから面白いと感じる視点が
本来の視点であり
分離の楽しみ方である
posted at 11:18:45

 

*2015年11月29日(日)

この完璧な宇宙を作りあげるために
誰もが等しく素晴らしい演技者である。

その役割は貴方にしかできない。 
貴方が貴方らしい事。 

それを適役と神は言う。
posted at 00:15:55

 

*2015年11月15日(日)

3)私対相手ではなく、在るがままの相手の全てがそのままで良いと、感じられる視点に立てた時、事は大きく動きます。
誰もが皆幸せな方向へ向かう動きになって行きます。
posted at 10:55:27

2)その成り立ちや仕組みを腑に落とせた人だけに、自分自身の中で統合が起こり、乗り越えることができます。
根源と一つになり、描かれる物すべてが幻想であることを腑に落とす事が出来る意識に到達すること。
その視点で相手を見たときに、相手の全てを受け入れられていると実感します。
posted at 10:54:27

1)たまにはツインレイ魂の片割れツイート
意味も解らないまま、相手の何処がすきなのかも解らないという、今までの恋愛では考えられないような惹かれ方をする相手なので、自分自身の自我ではどうやっても抑えられません。
posted at 10:53:56

 

*2015年11月11日(水)

分離から無我を知り、その先にある根源にたどり着く。
全てのチャクラが開き7色が混ざり合う時、白金と化した愛という名のエネルギーを見る。

愛のエネルギーで生かされている個達が、人生の旅をしながらその記憶を魂に残し、それらを根源に持ち帰る。
完璧な宇宙の流れ、神の戯れ。
posted at 13:10:31

日常の生活とスピリチュアルのバランスを取らねばと思考しても分けようも無い。
内なる探求を進めて行けば、やがて外の宇宙が現れるクラインのツボ。
posted at 09:55:46

源が作り出している宇宙の全ての物を垣間見た時、源が唯一無にの私である事を知り、それまでの個の思考で作り出していた世界は消え去って行く。
源より分離した魂が望むものを知り、新たとも感じる人生を歩き出す。
流れのままにくつろいでいれば、流れは自然と魂の望む方向へと向かってゆく。
posted at 09:27:09

 

ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ

 

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真我実現

2015年11月03日 | 何気ない話

※ 以前アメブロにUPしたものを手直しし、こちらにも載せておきます。

 

アンマのダルシャンを受けてからは、苦手だったグラウンディングはできている様子です。

そもそもグラウンディングとは私の体感によると

天と地が一本の軸(光の柱)で完全につながっていて

軸とは真我そのものでありその領域には、僅かの自我も入り込んでいません。

真我の外側に自我が張り付いているような感覚で

真我は自我の全てを良しとし認め受け入れています。

そして分離での体験を表現する表現者が自我ともいえます。

真我と自我の間に境目はなく、そろって一つの物です。

 

【マハルシによる教え】

>カルマは、身体と真我の間に生じた自我と呼ばれる行為者に依存している。

>自我がその源のなかに溶けて姿を消してしまえば、

>それに依存しているカルマも生き残ることはできない。

 

また、これと同じような現象を起こしている感があります。

カルマらしき物は何一つ感じられません。


これが一時的なものなのか、ずっと続く物なのかは今のところ私には解りませんが

少なくてもこうしてブログに書いている時点では、

当然分離し言葉と言う分離のツールを用いて自我で伝えているわけです。


このような状態になってまず最初に気づいたのが、ツインレイと言う概念の捉え方です。

再三ブログに書いてきましたように、ツインレイが分離の概念だという認識はできていたのですが、

今回それを更にアリアリと体感しました。


原初の魂の片割れである事には間違いは無いのですが、

親子、兄弟、友人、知人...etcと同じ領域にあり、真我からの距離のようなものは

他のくくりと全く同じ場所にある物と感じました。


分離の視点で捉えると原初の分離なので真我に限りなく近い、

なにか特別なトンデモナイ関係の様に感じますが、

真我から見れば、分離の一側面でしかないのです。

 


ツインレイは、意識、認識が、ある一定の周波数を超えると、

自分の中の女性であれば男性性が、男性であれば女性性が具現化されて、姿を現します。

内なる男性性、女性性を統合し、魂が根源と同じ光、両性具有になるために、

内なる異性を見せてくれる存在です。


統合は、ツンレイに逢っても逢わなくても起こせます。 

逢って統合するという流れを

プログラミングされて生まれてきた人のみが

出逢うものと思われます。

 

ツインレイとの関わりは、真我実現の流れの最終段階であり、

真我の外にある物は原初とは言えツインレイとて分離であり、

源と同じ両性具有になるための出逢いではあるけれど、

それと真我実現はまた異なるものです。


真我実現はその次元(ツインレイとの関わり)に留まっていてはあり得ず、

その概念を完全に超えた時にはじめて成されるものです。

 

ツインレイは恋愛ではありません。 

勿論であった当初は、もう一人の私ですから、

愛しくて恋しくてという気持ちも湧き上がります。

しかし、いつまでもそこに留まっていられないのは、

今まで書いてきたような、一連の流れの中の出逢いであるからなのです。

 

人生とは楽しむ物である一方、一生学びでもあると感じていますが、

片割れ共々しっかりと真我実現に向かい、

真我と言う軸を捉えたままの一元の視点を持ち、

完全に自我をコントロールし、必要に応じて自我の選択をして、

分離の二元を楽しむという境地に達する事ができたならば、

片割れとは揺らぎない信頼と愛で結ばれることでしょう。

 


独身、既婚、結婚などの、分離の概念である形式に捕らわれる必要は

全くと言っていいほどありません。

独身同士でも、供に生活しなくてはいけないという事もありませんし、

既婚者同士なら、そのために離婚しなくちゃと思う必要もありません。

 

形式に捕らわれる事無く、心地よい魂の関わりを体験するために

常に内を見て真我に向かってゆくことをお勧めします。

 

 

また、真我に向かったままで居ると、分離とのバランスが取れないと

感じている方も居るようですがこれは思考が作り出した幻想です。

 

内的探求の先に、宇宙全体がありそこには叡智が溢れており、

自然な流れに身を任せていることで、意図せずとも

内と外のバランスは自動的に取れて行きます。

 

 

ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ

 

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンマのダルシャン(抱擁)

2015年07月04日 | 何気ない話

7月20日ヨーガの会

ご案内はこちらになります→  

 


2015年5月28日アンマ来日3日目の午後の部に 初めてダルシャン(抱擁)を受けに行きました。
最終日の午後の部だけはアンマからマントラが貰えると言う事もあり、その時間帯に行きました。
会場に着くと整理券を受け取るための長い列が幾重にもできていて、とんでもない人数でした。

 

【プログラム内容】
アンマのスピーチ&歌(インド音楽)、 
メディテーション、
アンマによる来場者一人ひとりの抱擁

 

アンマのエネルギーが充満している部屋では、疲れと言うものを感じず、時間の感覚も殆どありませんでした。
私のダルシャンの順番が回ってきたのは夜遅くだったと思います。

 

私の順番が回ってくると抱きしめながら「愛しい。愛しい。」と日本語で繰りかえし、
片方の手で私の背中の 第二チャクラと第三チャクラのあたりを しきりにさすってくれました。
以前より、ハートより下のチャクラが開きにくく、グラウンディングしにくい所があった私だったので、
アンマがそれに気づいて詰まりをとってくれてるのだなと思いました。
ダルシャンそのものの時間も、少し長かった気もします。

 

ダルシャンが終わったときにアンマに「マントラプリーズ」とお願いすると、マントラを貰うための整理券を渡されました。

ダルシャンそのものを、無我で受けた感じではありましたが、その後は更に思考が止まりしばらくボーッとしてました。  
会場であった友人が私を見て大丈夫か? と聞きながら、笑うくらいの腑抜けぶりでした。

その後マントラガイドさんから説明を聞き、アンマからマントラを受け、もう一度別な場所でマントラの確認があり、
それで私個人の受けたかった事柄は、全て終わりました。 時間はすでに真夜中だったと思います。
残りの方々のダルシャンはまだ続いています。 

何時間も席を立つことも食事をすることもなく、アンマは抱擁し続けています。
会場に残った人数はどうみても千人以上、2千人近いかもしれません。
それでも人ごみに疲れることはなく、会場のエネルギーの軽さのお陰なのか、なんだかとっても元気です。

明け方近くになってやっと、ボランティアの方々のダルシャンまで終了しました。

 

最後はアンマが残った来場者達全員を一瞥します。
後ろのほうで友人達と雑談をしていましたが、急に私は吸い寄せられるかのように、
とことことアンマの顔が見えるところまで出て行きました。

手にいっぱいの花びらを持ったあんまが、中央に立っています。
私の周りも人でいっぱいで、アンマの顔がやっと見える感じでした。

するとアンマがどうも私の居る方向を見ているような気がします。

まさか私を見ているとは思えないし、誰をみているのかなぁと思っていると、アンマがニコッとわらいました。
誰かに笑いかけてるなと思い、誰見てるのかしら?と私は周りをきょろきょろしてました。

 

すると!? ビリビリ~っと感電したかのようにエネルギーが、私の頭上から入ってきて、
首を通り肩を通り、身体を抜けて両足まで行き、体全体が帯電したかのようでした。

少しすると、身体に充満していたエネルギーが足元からすーっと抜けてゆきました。
アンマが見ていたのは私だった・・・。 
気づいて笑い返すと、再びアンマが笑い返してきました。

アンマは真我(根源・神)の化身であり、人の姿をして私の前に現われ、私の存在を認めてくれたと同時に、
私は私の全てを受け入れ、認め心から愛し、完全に真我と一体になった事を、
体験として得ることができ、涙ぐんだのを覚えています。

 

人生というものに逆らうのではなく、ひたすら委ね意識が反転して以来、色々な体験体感がありましたが、
この出来事はにわかには、信じがたいと思いました。
その後今回のイベントに誘ってくれた知人の所へ行き、一連の事を話したら、
その知人も10年以上前に同じ体験をしたとのこと。 
いやはや、この広い会場で、知人と私が、時を違えて同じ体験をするとはと、とても不思議な気持ちでした。 

 

 

ダルシャンを受けて1ヶ月が過ぎました。 
マントラを貰ったので、カルマを引き受けてもらうと同時に、この先の人生を導いてももらえるとの事。
確かに今、その手ごたえを感じています。 

苦手だったグラウンデングを難なくしていますし、
今まではどんなに勧められても、腰が重くヒーリングをしようと言う気になれなかったのに、
たまたま遊びに来た友人に、思い立ったかのように全身をヒーリングしてみた所・・・
思考が完全に止まり、今まで体験したことの無いような心の軽さと、疲れのなさを感じるとの感想を貰いました。

 

それをきっかけに、10人ほどにモニターとしてヒーリングを受けていただき、感想を聞いてみたところ、
様々な体感と同時に、地元でヒーリングサロンを開いてほしいとの要望も頂くという、思いがけない流れになりました。

アンマのダルシャンを受けたお陰で、人生が楽しくなりそうで、毎日ワクワクしている今日この頃の私です。

 

ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ

 

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月20日(月) ヨーガとサットサンガの会

2015年06月22日 | お知らせ 

第二回 ヨーガとサットサンガ  2015年7月20日(月)祝日

前回大好評を頂いた塩沢賢一先生をお招きしてのヨーガの会
第二回目の準備が整いました。

ヨーガは初めてという方も、ヨーガ教室などをお持ちのプロの方にも参考になり
どなたにも十分にご満足いただける内容となっております。


今回は17名ほどご参加いただけます。
お早目の申し込みをお待ちしています!



【原初ヨーガ】

日本ではヨーガと言うと美容健康のためのものが多く、
普及すればするほど本来の目的から離れ、
様変わりして行くのを目の当たりにします。

インド古来の純粋なヨーガは「瞑想」のためにあり、
最終目標は「悟り解脱」にあります。

アーディーヨーガ(原初ヨーガ)は五千年前から行じられ、
三千年前に完成され文書となって今に残されました。



【ヨーガ講師プロフィール】 


塩澤賢一先生 (ヨーガ研究家)

ヨーガ暦は60年にも及び、ヨーガを極めた方であり、
どのような質問や要望にも答えていただけるようなヨギです。
その指導法には定評があり、多くのお弟子さんが育ち
また、ヨーガの指導者達を育成した方です。
近代的な手を加える事の無い、
インド古来の伝統的なヨーガ、そのままをご指導いただきます。


*今回の指導内容

アーサナ(ポーズ)
プラーナーヤーマ(呼吸法) 
瞑想

 

【今回のWS内容】


前半  塩沢先生によるヨーガ指導    塩澤賢一先生

後半  塩沢先生を囲んでサットサンガ  塩沢賢一先生 シャンティじゅえるん
    (先生に何でも質問しちゃおう!のコーナー)   



【日時】

2015年7月20日(月)祝日
(時間厳守でお願いします)

13:00~       開場 受け付け 着替え 

13:30~15:00   ヨーガ指導

15分休憩       着替え

15:15~16:45   サットサンガ

 

【持ち物】


・ヨーガマット、もしくはバスタオル
・飲み物



【会場】

新宿マイスタジオ 5A←(クリックすると道順写真が見られます。)
所在地:東京都新宿区西新宿7丁目9-17 (4・5・6階)
電車でのアクセス
JR・京王線・小田急線・都営新宿線・丸ノ内線 新宿駅から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅より徒歩2分



【地図】
  ↓クリックすると大きくなります





【前回のヨーガを受けた皆様の感想】


Aさん
昨日は楽しい体験&体感出来ました。

Bさん
昨日の塩澤先生のヨーガ、本当にすごかったな。。
言葉にすると制限されちゃうが、からだにはまだまだこんなにも可能性があるのかと、
感じさせてもらった時間だった。
やっぱりヨガはいいねぇ。

Cさん
昨日のヨガ、よかったです!

Dさん
ヨガ心地良くって終わるのが名残惜しかった!

Eさん
昨日のヨガ心地よかったな。ふわと緩んですごく微細に振動してて。
自分の体に対する否定感が昇華されていって改めてヨガ好きだなぁって思った。

Fさん
夜家事が捗ってしまった…
ヨガのおかげかしら…

Gさん
昨日、塩澤先生に教えていただいたやり方で
背骨まっすぐに保ちつつ
グラウンディングの瞑想したら凄かった。
地球の中心までガーンと一発で繋がって
エネルギーもグングンあがってくる。
姿勢の大切さ痛感。

Hさん
昨日のヨガで、「塩澤先生みたいに自由自在にエネルギーの通る身体になれたら、
肉体に縛られる不自由さからも解放されるに違いない」と感動し、希望を持った。

Iさん
昨日のヨガで明らかにエネルギーの流れよくなってるな
背骨とか仙骨とかって大事なのね

Jさん
このまえの 塩澤先生のヨガで、ほんとうに大事なことを教わった。
ありがたい ありがたい..

Kさん
素敵な企画に参加させていただけて本当に楽しく幸せなひとときでした
自分でも続けてみたいと思っていますが、またヨガ企画を開催していただけると嬉しいです!
本日はありがとうございました。
また次の機会もどうぞよろしくお願いします。

Lさん
ありがとうございました!
とっても心地よかったです。
またぜひ参加させてもらいます。

Mさん
すごく疲れてるはずが、今朝はスッキリ目が覚めました。ヨガのおかげですね!

Nさん
昨日は素晴らしい機会をありがとうございました。
今後できたら継続的に先生のヨーガをお受けしたいと思っています。

Oさん
素晴らしい時間でした。本当に参加してよかったです。

Pさん
参加できて、ほんとに貴重な 時間でした。

Qさん
とても楽しかったです。
また、機会があれば参加したいです♪




ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ

 

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観念昇華

2015年05月04日 | メソッド

ツインレイに逢われて、逢った事が苦しみになっている方がとても多いことに気づかされます。

ツンレイとは、女性でしたら内なる男性性、男性でしたら内なる女性性が、

具現化されて姿を現し、対極の自分の姿を映しだしてくれる存在です。



相手対自分(自我)ではなく、鏡に映る自分として、

見ては内に返し、昇華(浄化)してゆくための出逢いです。


昇華方法は、最終的には善悪の観念の昇華です。 

外を見るときにツインに限らず、人は潜在的に善悪の判断をしています。

善悪の観念を外す作業をしないと、ツインを見ては不満や辛さ、

分離の悲しみや痛みが、出てくるばかりになります。


それらの昇華方法としての一例を挙げて見ます。



(例)


1. 彼は私の思うような愛情表現をしない。(相手を見て感じる事)

2. 私は彼の思うような愛情表現をしない。(鏡に映る自分ですから、自分に置き換えてみます)

3. 思うような愛情表現をするのは良い(善)

  思うような愛情表現をしないのは悪い(悪)



相手を見る
  ↓
自分に置き換える
  ↓
善悪ジャッジ



この様な流れで、感じる事をどんどん書き出して、

最終的に善悪のジャッジが自分の中にあることを認識して行きます。


腑に落ちるまで、または書いた内容が気にならなくなるまで、昇華(浄化)して行きます。

ご自身の自我が薄くなってゆけば行くほど、意識は変化し統合へ向かいます。



統合が進むと、相手は私として認識でき、相手は対極ではなく真鏡に映るようになります。

全てを受け入れて行くこと、全肯定することで、凪ぎに向かい、愛と静寂と調和にくつろぎ、

満たされている体感を得ます。



全てのエネルギーは根源で繋がっています。 

あなたが上昇し根源とつながることでツインも共に上昇し、

素晴らしい再会が待っている事と思います。



ツンレイの存在は、無限の宇宙の中の一側面。 次元のチョイスでもあります。 

その関係性は、友人知人家族などと同じ分離の概念です。



ワンネスをしり誰もが皆、同じ光(愛のエネルギー)で出来ている事を体験体感し、

根源に戻ってゆくための出逢いの一つです。

ツインとの関係性は、3次元の恋愛を当てはめる事はできませんし、

当てはめようと、相手を外に見ている地点は、統合と真反対の地点です。

ツインレイは鏡に映る、もう一人の私です。


私を愛し、許し、認め、受け入れ、真の在るがままの姿に戻り、この地球を楽しみましょう。


弥栄!



ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ


.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月29日(日) ヨーガとサットサンガの会

2015年02月28日 | お知らせ 
第一回 ヨーガ指導とサットサンガ 2015年3月29日(日)

満員御礼申し上げます!
ありがとうございました。♥。・゜♡゜


【原初ヨーガ】

日本ではヨーガと言うと、美容健康のためのものが多いと思いますが、
インドのヨーガは瞑想のためにあり、最終目標は、悟り解脱にあります。
アーディーヨーガ(原初ヨーガ)は五千年前から行じられ、
三千年前に完成され、文書となって残されました。


【ヨーガ講師プロフィール】 



塩澤賢一先生 (ヨーガ研究家)

ヨーガ暦は60年にも及び、ヨガを極めた方であり、
どのような質問や要望にも答えていただけるようなヨギです。
その指導法には定評があり、多くのお弟子さんが育ち
また、ヨガの指導者達を育成した方です。
近代的な手を加える事の無い、
インド古来の伝統的なヨーガ、そのままをご指導いただきます。

*今回の指導内容
  アーサナ
  太陽礼拝のヨーガ
  マントラ
  プラーナーヤーマ(呼吸法) 
  瞑想

☆お忙しい先生の指導を受けられるチャンスです!
 会場の都合で今回は、定員15名までとさせていただきますので、
 お早目のお申し込みお待ちしています。


【塩澤先生のヨーガを受けた感想】

私はこれまで、何人かの師にハタヨガの指導を受けましたが、
ヨーガを極められた塩沢先生のヨーガはとても自然で気持ちが良く
体の細胞の一つ一つ、そして微細体までもが喜ぶのを感じます。。
インド古来から伝えられ何のアレンジもされていないアーディヨーガをお勧めします。
     シャンティ https://twitter.com/shantishantihi
      シャンティさんのブログ       


昨年ご縁があって塩澤先生のヨーガ指導を受けました。
一つのアーサナ(ポーズ)の後、必ず身体のどこが緩んだのか一つ一つ確認し
それにくつろぐと言う、緩やかなものでした。
身体の内側がどう感じているかを、しっかりと確認してゆくその方法は
正に内観そのもので、悟りや解脱に通じる道であると実感しました。
この時、5人ほどで参加したのですが、内2人は身体が緩み振動しはじめ
クンダリーニが上がりそうだったと言っていました。
その後私は家で、教えていただいたプラーナヤーマ(呼吸法)を毎日実践している内に
身体の内部(血管を血液が流れる様)を見るという体験をしました。
身体の神秘を感じ取る心地よさを、初めて体感しました。
気さくで優しく人を包み込むような先生の
人柄や笑顔にも、とても癒されるかと思います。 
     じゅえるん https://twitter.com/jewel_2
          

【WS内容】

前半  塩沢先生によるヨーガ指導  塩澤賢一先生
後半  サットサンガ       シャンティ じゅえるん
    ・スピリチュアル(ツインレイも含む)について 




【日時】

2015年 3月 29日(日)
12:00~ 開場   (時間厳守でお願いします) 
12:30~14:30   ヨーガ指導
14:45~16:45   サットサンガ


 










ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ


.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何気ない日々

2015年02月28日 | 何気ない話

ここの所大した刺激も無く日々、坦々と過ごしています。

仕事の合間に、友人と食事をしたり、手芸をしたり、なんて事無く過ごしています。

小さな気づきはあるものの、何事も無くこうして過ごしていられる事に感謝です。

根源も自我もそこに境目は無く、全て揃ってそれで良しです。



中心に軸を取り、起こる事に逆らわず、

何もかもを大きな流れの一つのものとして捉え

そこに執着することも無く、その流れの中に漂っていても

なんら不都合はありませんし、重ねてきた人間としての経験も

無常の中に消え去って、一つの場所に留まりません。



送る人生の中で失敗なんて何も無く、

その体験を「大いなるそれ」がしたかっただけで、

それに良し悪しはありません。



もしも今、一大事と感じるような出来事が起こったとしても

やがてそれは、今ここにたどり着くために必要な出来事であったと

腑に落とせる日はきます。



喜怒哀楽、不安や恐れは、感じるたびに、

それを観て過ごすならば、いつしかコントロールが出来はじめ

そのふり幅によって疲れることもありません。


生きると言う事は体験をし、体感を楽しむこと。



ここ暫くの間、刺激も無く坦々とした日々を過ごし、

そろそろ再び、更なるものを追い求めてみようかと・・・

次回のブログはWSのご案内を致します。





ブログランキング参加中    
人気ブログランキングへ



.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
Jewelのヒーリング・カウンセリング
クライアントさんの感想
第一回 くうちゃんとじゅえるんの親子コラボトークライブ録音

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加