多摩川自然情報館解説員ブログ

調布市内の多摩川や緑地などの生き物や自然情報、多摩川自然情報館の生物やイベント情報を発信します。

10月の月別イベント「秋の植物観察会」を開催しました!

2016年10月19日 | イベント
すっかり秋も半ばにも関わらず汗ばむ陽気が続くここ数日。
先日の月別イベント「秋の植物観察会~研究者に学ぶ植物の魅力~」も快晴の中で開催されました!
奥田重俊先生をお招きして、
多摩川自然情報館~やや上流側の河川に生息する植物を観察してきました。




先生の植物に関するマシンガントークを必死に聞き取りつつ、
その植物を目で探し、触れて「つくり」を確かめること全52種。

ヒメジョオンは春に咲く植物だけど、
春に似た温度条件の秋でも花が咲く…というお話にはなるほどーと。
しかし、ヒメジョオンと似たハルジオンは春に咲くのみで秋には咲かないそうで、
なんとも植物って奥深い…!

似た植物であるメヒシバとアキメヒシバ、
オオイヌタデとヤナギタデがそれぞれ近くに生えていて、
見比べながら観察できたのも貴重な経験。勉強になります。

毎年春(初夏)と秋に開催している奥田先生の植物観察会、
おおよそ同じ場所を継続して観察していますが、
毎回新たな発見があってとても面白いイベントです。
長く長く続けていくことで、
多摩川の植物がどのように変わっていくのかを記録する資料にもなります。

これからも継続して、奥田先生と共に多摩川の植物を見守っていけたらと思います。
来年度も開催する予定ですので、
興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

<観察した植物(確認順)>
セイバンモロコシ、チガヤ、カラムシ、コセンダングサ、チカラシバ、ヒメジョオン、カゼクサ、オヒシバ、シロツメクサ、ムラサキネズミノオ、アキメヒシバ、ギョウギシバ、セイタカアワダチソウ、オギ、キンエノコロ、ムラサキツメクサ、ヤハズソウ、シナダレスズメガヤ、ハルシャギク、ヨモギ、シマスズメノヒエ、メヒシバ、シバ、メリケンガヤツリ、アレチハナガサ、コゴメイ、ケイヌビエ、オオイヌタデ、ヤナギタデ、オオフサモ、アリタソウ、カナムグラ、ヒメムカシヨモギ、カワヤナギ、ヘラオオバコ、ツルマメ、ツルヨシ、エノキ、シャクチリソバ、アレチウリ、オオブタクサ、ガガイモ、ギシギシ、オニグルミ、クズ、コゴメガヤツリ、ヤブガラシ、オッタチカタバミ、キクイモ、イモカタバミ、ブタナ、セイヨウタンポポ




えりまきとかげ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月半ば | トップ | ミゾソバ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。