舞台カメラマンが提唱     「撮影のいろは」

写真家 ムービーカメラマンとして活動
撮影の引き出しをいかに増やすかを
検証して考えていくブログです。

このご時世、「高画質」は売りにできるのだろうか

2016-10-18 11:08:09 | ビデオ制作
率直な疑問、

ヤフーでもミクシーでも、広告欄で、
「高画質のビデオ制作」「高画質の動画制作」という
タイトルを見かけることが多い。

でも、今時、1080であるハイビジョン規格が常識となる中、
高画質が売りになるのかぁー、なんて思うことがある。

そして、私だけでなく、私が営業に行った先々でも
同様の話題が多く出る。

つまり、最終的にはDVDになるけど
高画質というキーワードは、仕事を頼むクライアントからしてみれば
馬鹿げていて、高画質で制作するのがスタンダートである。

それが、ハイビジョンになる以前の時代でも
高画質を売りにしている、プロダクションって
あまりにも素人相手なのでは? っていう話を営業先でしてます。

むしろ、「高画質」以外にウリはないんだろうかと
思うのが世の常だ。

高画質の定義が、人それぞれ、という事なんでしょうね。

まぁ、事情があると思うので、
別に深い意味はないですよ。

取りあえずとは言いたくないが、
制作する環境も様々ではあるが
たいてい、カメラも編集システムも定番的な機材がある。

民生機器も同様で、あえて古いカメラを持ち出す人も
全くいないとは申しませんが、民生機器もたいていはハイビジョンである。

そこで、高画質だからというのは、
少々、乱暴なのではと私は感じる。

今、スタンダードなのが高画質なのだからね。。。

と、日々、些細なことも気にしている
一人親方である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ「修正無制限」が、始め... | トップ | 不覚にも10年ぶりに〇〇〇を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。