舞台カメラマンが提唱     「撮影のいろは」

写真家 ムービーカメラマンとして活動
撮影の引き出しをいかに増やすかを
検証して考えていくブログです。

「気分が悪い」ということは、その場に添えて無いんだと思って正解かな。

2016-10-16 05:19:35 | 日本の風習
何にせよ、私生活でも仕事でも、気分の悪い場所が嫌いで
即、環境を変えてきている。
転職の回数が異様に多いのはそのせいかな。。。

だから、好き嫌いが多いし
人見知り的な感覚もあるので、他人からは「変わっている奴」に思われる。
そんな感じだから、実際、あって言われるのが
予想ほどひどい奴ではなかったとよく言われる。

まぁねー、インターネットって便利で
こうやってブログで色んなことこと書いているから
思われても仕方ない。

表現方法に、過激な箇所も否定できないが、
やっぱり、考えていることを感じてもらえるなら
本望かなーと考える。

際どく「クレーマー」と紙一重だけど、
自分の周りで起きた現象を書き記して
おこがましいけど、問題提起したいんですよね。

言ったもの勝ちってあるでしょ。
時と場合によると思う。

でも、そんな流動的なものに惑わされず
本来、「人とはこうあるべき」的な
核心に触れていきたいとも考える。

自分として何ができるってわけでも無いんですけどね。

問題を定義して、共感してもらえるなら
少しでも今の流れが、変われば良いかなー とも思うし、
いつか変えられるのでは?と行動するだけ。

表現方法 難しいとは申しません。
行動することと現状は共わ無いことも多いけど
言動にご注目いただけることに感謝しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電子ピアノは、どこがいいの... | トップ | 「問題を定義する」っていう... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。