撮影に関して丁寧にお話を伺うと感じる、相手の◯◯な事。。。

2016-10-01 04:55:13 | 日本の風習
日々、営業を重ねると
いわゆる「制作の悩み」で、
皆さん、色々と困っているんだなぁーと
ヒアリングする事があります。

広告代理店、写真館、フリーディレクターのお話を
まとめるとこんな具合である。。。

ケース 1

撮影という技術が、ブラックボックス化していて
お願い希望したクオリティーと予算が噛みあっていないような気がするし、
安かろう悪かろうとは思うけど、と言う意見。

>>私としては、そうなんですか? と申し上げるしかないけど、
要は当初の見積もり金額より、追加料金やオプション料金として
倍に跳ね上がることを、しっかりカメラマンが説明できず、
ずるずると現場に臨んでいるとのこと、そして、その割には
そのカメラマンが見せてくれた自身のサンプルやでもリールほど
美しく撮れていない。

このギャップはなんだろう。。。

技量もそうだけど、カメラマンのクライアントに対する
「愛」が接待的に不足しているんだと私は感じる。
まぁ、ヤバイ意味ので愛ではなく、
お互い完成へ向けて、切磋琢磨するという
厳しい意味での意見交換がなされないと、
なーなーな現場は良いことを生み出さない。

まぁ、カメラマンが強引なのはある意味困るけど、
技術を知らないということで、懇切丁寧に制作が、?と思っていることを
感じ取って上がる空気を読む力を発揮しながら、説明することも
必要だと思いますし、提案することも先延ばしせず
思ったら即、その場で話す必要があると思います。

先延ばしするから、後手になり、後手になると、
「あのとき、あー言った」「このとき、こーだった」って
記憶がお互い曖昧になり、意見の食い違いが出る。

食い違いが出ると制作サイドも不安になって、
不安になれば、人によってそれが怒りに変わる。

だから揉めるのである。

カメラマンはお見積もりの段階で、提示された予算に
出来る、出来ないを明確にししてその場で即答。
そして、希望する画を撮ることに対して
こんな機材、あんなアングルはいかがですかと
程よく提案する必要がある。

こんな時代だからこそ、明確にすべきである。

ケース 2
 カメラマンとしての技量は認めるが、
個性を主張しすぎて、望んでいる画がない。

最近よくお聞きするケースです。
暴走すると言うか、ベクトルが合わない。。。

ビデオ、写真問わず、芸術性を求めない案件で
このような話をよくお聞きします。

いわゆる、「学校写真」を撮ることのできる
カメラマンの存在である。

学校写真、ピアノの発表会など、
「こんな撮影ば、バカでも撮れる」と言うカメラマンが多いけど
実際、そんなカメラマンは学校や会場に入ったときから
NGが出ることが多い。

つまり「謙虚さ」とまでは申しませんが「関係者に対して挨拶ができないのである」
嘘のような本当の話だが、本当だから仕方ない。

学校の先生も、ピアノの先生に対しても挨拶しないのである。
まぁ 馴れ馴れしいのも困るが、挨拶がないより良いと思う。

挨拶をしないということは、大抵、撮影に個性を出す。
すると、本来、定番で欲しい画がないのである。

いじめるつもりは毛頭ないが、学校にせよピアノにせよ
セオリーがあるので、個性より安定を求める業種なのである。
これを「簡単じゃん」に一言になるのは自分としても悲しいことである。

あげたらキリがないくらい。。。

他にも、なんだか知らないけど、現場に突然来なくて携帯もつながらない。
事故や急病かと心配したら、二日酔いで家で寝ていたとか、、、
そんな緊急の連絡を受けて対応する事も少なくない。。。

映像制作の拠り所として、日々、地味ではありますが
皆様のお役に立てるよう、自分自身、考えてカメラマンをしようと思うのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だって、クルマで行きたいか... | トップ | 雨降りで、願ったり叶ったり... »
最近の画像もっと見る

日本の風習」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。