現在46歳 たかだか46年しか生きていないのである

2016-09-18 18:24:16 | 日本の風習
毎度毎度、言っておくが、
新興宗教 セミナー 集い には
ハマっていませんのでご安心ください。

そう、私自身が仮に宗教を始めたら
そんな思想を語るんだろうなぁーという
仮のお話です。

地球が誕生して現在までどのくらいの時間が
経ったのだろうか。。。
人間の一生なんて、そんな永い時間とくらべたら
ほんの一瞬に過ぎない、人間なんて80歳がいいところだからね。

46年かぁー、と振り返ると、
幼稚園 小学校のことを今でも覚えている
たかだか、40年前の話だけどね。

46年分の年輪を
この先、どのやって生かしてみようかと考えられるようになった。

今まで、マジで自分本意すぎた。
まぁ、自営で仕事をしているから、という事を言い訳にしたら
自営業者に怒られそうだが、46年生きてきたなら
何か一つでも世間に恩返ししたりしてもバチが当たらない。

そんな事さえ出来ていなかった46歳は、
この先、自己中心なままで世間を変える事さえ出来ない

世間を変えるなら、もっと世間に飛び込まなくては
ならないとも感じる。

こんな話はさておき、10年 20年という
過ぎてしまった時間を取り戻す事はできない。

できないからこそ、1秒 1分を感じながら
大切に過ごしていきたいと思う。

もうすぐ50歳、80代まで30年と
30年なんてあっという間かもしれない。

人間って永遠に生きれれば、これほど時間に対して
慎重になる必要は無いけど、限られた時間を
どうやって迎えたらいいか気がつかなければならない
年になったのかと感じる。

まぁ、若さっていうより、馬鹿さって感じる自分ではあるが
完成型の80歳を自分なりに想像して、
逆算して行動したら、なんと無く、理想に近づけるだろうか心配する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 所詮、下請けは下請けで、こ... | トップ | 結局、嫌な仕事は引き受けな... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。