運動会は、肉眼で観るべきか、ビデオを撮るべきか、考える。

2016-10-08 15:46:54 | ビデオ制作
どうなんだろう。

これって、昔、自身の課題であった、「演劇」のビデオ収録である。
演劇って、ビデオ収録して編集したら
役者のj空気感が伝わらない。そんな綺麗事は重々承知である。

なぜ、ビデオ収録なのか、
それは、その空気感を電気信号に変えて
記録として残しておくことも後々、大切じゃないかなぁー
なんて思ったりします。

難しいよね。

運動会も同じで、台本の無いドキュメンタリー
親として肉眼で見届け、子供の鼓動を感じるべきなんだろうけどね。。。。

ついつい、ビデオや写真を撮ることに集中してしまう。

カメラのモニター越し、ファインダー越しになるのは
ついつい、私の職業病なのかもしれない。

舞台をビデオで撮る、論議なんて
何年も前に結論を出したんだけど、
その結論とは、必要とされているから
私がカメラで撮影しているだけであって、
それ以上でも 以下でも無い。

まぁ、個々の考えでいいと思うし、
撮りたければ撮ればいい。

撮影するべきか、しないべきかなんて
カメラマンが考えることじゃねいね。

撮影で切り取ったものに、感動が感じられなければ
撮影手法が違っているのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 扶養控除廃止とありますが、... | トップ | オリンピックの箱物も、スポ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。