舞台カメラマンが提唱     「撮影のいろは」

写真家 ムービーカメラマンとして活動
撮影の引き出しをいかに増やすかを
検証して考えていくブログです。

「問題を定義する」っていうことは悪なんだろうか。

2016-10-16 05:31:47 | 日本の情景
自分、素直じゃ無いなーと思われる人も多いと自負してます。
こんな自分ですいません。

あくまでも、自分基準で問題定義をしてしまいますが、
疑問に思ったことは、その場で相手に問いかけて
その場で確認するのが、「自分」なんです。
昔も今も変わらずです。

相手にしてみれば、うざいなぁー、と思われるけど
話さなければわからないことだし、
自分と相手の感覚やぞ常識も違う、だから
いろんな人に問いかけてしまうんですよ。

これって「悪なんだろうなぁー」と感じつつも
スマートじゃないよね、でも、理解しあいたい。

解決できること できないこと いろいろですが
ぜひ、みなさんの所で問題も持ちかけましたら
どうぞ話だけでも聞いていただけたらと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「気分が悪い」ということは... | トップ | PXW-Z150 やはり、急いでい... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。