「タイミング チェーン」からの異音と思いきや 意外な盲点

2017-06-14 23:16:49 | クルマ
タイミングチェーンの弛みからくる異音と思いきや
ほんと、いとも簡単に治ったことを
ご報告申し上げます。

ほんと、手先な器用な歯科医が
1日で虫歯の治療をしてしまった時と
同様の爽快感であり、

新しいメガネを作るときに
名医である眼科医で診療した時、
今まで。乱視が強い! と言われてきたが
実は測定ミスで、ほとんど乱視なんて
関係かかったことが判明した時以来の
快挙である。

で、なぜ「タイミングチェーン」を疑ったかというと、、、

その異音である。

エンジンのファンベルト、今で言う所の「Vベルト」の弛みからくる
異音だったのだが、
ゴムベルトが緩むと、「キュル キュル」と
いかにも「ゴムベルト」的な異音のイメージがある。

だから 今回はVベルトの弛みは疑わなかった。

改善前は、ジリジリという感じで、
わかりやすく言うと、自転車のチェーンが緩んで
金属が弛んでいるような音に近いイメージから
タイミングチェーンを疑った。

だから、修理費用も工面しなければー、と頭が痛かった。

でも、ダメ元で行きつけのデーラーへ預けた。

で、エンジニアが出した結論は
「Vベルト」の弛みからくるノイズなので
ベルトを張れば治るかもとの結論。

えー! ほんと? と思いながら
預けて、1時間ほどで作業完了。

異音もしなくなりエンジンも快調である。

やったね、トヨタ! と言った具合で
見直した。

ほんと、結婚祝い買ったクルマも
まだまだ、しばらく乗れそうで
ホッとしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「とりあえず、やってみれば... | トップ | 何かあったら訴訟も考えます... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。