「コレが現実」ある日突然にやってくる

2017-08-13 19:41:34 | 日本の情景
撮影させていただいた故人のご冥福をお祈り申し上げます。。。

「お葬式」の撮影も、年間を通じて依頼される。


厳かな雰囲気の中、婚礼と違った雰囲気ではあるけど
故人の希望で撮影することや、身内からの依頼で撮影して編集する。

最近、本当、これが現実だなぁーと感じたお葬式があった。
「交通事故」での撮影は非常に悲しくて、撮っている私も
涙ぐんでしまう。

それも、高校生だと、もう私も辛い。

あさ、元気に玄関を出て、帰宅途中に何ら高校生には
落ち度がないけど、クルマに当てられてしまう。

しかも、新聞にこの事故が掲載され、
まさか、自分がこの事故で亡くなった故人を撮影するなんて
思いもよらなかった。

16歳だぜ、これが現実なんだなぁーと感じる。

自分の子供だったら、、、と、思うと
立ち直れない。

ここでは詳細は申しませんが、
何の意余韻もなく、即死だっていうこともあると
さらに、いたたまれない。

「痛かっただろ」と尋ねることもなく
或る日突然、そんなことが起こる。

カメラマンだから、親の死に目には会えないとか言われるけど、
やはり、自分の家族、両親、身内、友人知人は大切にしておきたい。

お葬式の撮影は、婚礼以上に情が入ってしまうので
ますます、泣いてしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お盆休みも通常営業 | トップ | 軽自動車のナンバーは、黄色... »
最近の画像もっと見る

日本の情景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。