舞台カメラマンが提唱     「撮影のいろは」

写真家 ムービーカメラマンとして活動
撮影の引き出しをいかに増やすかを
検証して考えていくブログです。

「修正が無制限」の編集業務にチャレンジするわけ

2016-10-17 23:42:58 | ビデオ制作
前もって、お伝えしておきますが、
この件に関しては、ご意見無用ということで
みなさんの心の中に、止めておいてくださいね。。。

編集って、修正が面倒ですよね

テロップとか画の差し替えとか。。。
自分本位になるのは当たり前だが、これを逆手にとって
定額制ではあるけど「修正が無制限」っていうことを
してみようと思う。

本音、「納品」が後手になることは承知の上で、
狙いとして、「定額」ですでに契約しているので
私としては、例え修正が重なって完パケが遅れても
何ら問題無いということである。

要は、完パケという結果が、修正という作業が増え
最終的な結果が出なくとも(ある期日に対して、納品の遅れ)が出ても
遅れたのはクライアントさんの都合であるから、という
クライアントへ責任を強要するスタイルを貫くスタイルである。

値段は、まだ極秘にしておきたいのだが
面白い化学反応が起こる気がする。
だから、始めるのである。

一気にニッチ的な案件が増えるかもしれないし、
ダメになるかもしれない、
最終的な結果がどうであれ、ある意味
一人親方のプロでクションを全国区に宣伝する意味でもある。

だから、設定価格も個人商店でも使いやすい
感じに設定した。
異論はあるかもしれないが、幾つかの条件はあるものの
質より量(制作件数)にて勝負する。

だから、修正は無制限であるものの
条件を満さなければならないし、さらに撮影が必要になることも
見越しているので、合計すれば安く無い。

でも、明朗会計で、リーズナブルであることが売りで、
編集作業は、平日の中3日で納品する、短期間納品で勝負する。
(修正がなければの話。。。)

修正が無制限 これこそ、逆転の発想かなぁーと思いつつ
全国制覇を狙う野望が始動する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PXW-Z150 負け惜しみじゃ無... | トップ | なぜ「修正無制限」が、始め... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。