布団カバー作ってます、ちくちくと手で縫って呆れるほどのスローペース

・・・どんなに真面目に作っているかを頼まれてないけどお知らせするわ。睡眠や生活の向上に微力を発揮すると経験しているから。

九州場所六日目、てんやわんやで面白かった

2016年11月19日 | お相撲について好きにしゃべってます 
大相撲九州場所、開催中です。

「私の願いはただ一つ、日馬富士が毎日勝つこと。そうすれば結果はついてくる。」
と場所前に書いたけど、初日に負けてしまい願いは一日も持たなかった。

負け率が超高い「恐怖の三日目」は勝ったのでチャラってことね、と気を取り直し、
国会中継に貴重な二日間を奪われながらも今年最後の本場所中の日々は楽しいです。


そして、六日目の昨日が凄かった。

先場所からの連勝を伸ばしていた豪栄道無双が止まった。
しかし、よくぞここまで伸ばしたね。

玉鷲に投げられ土俵に顔からダイブ!
手を着くヒマも無かったのかもですが、本能的に人は手を出すところをそうしなかった。

0 コンマ何秒でも土俵に落ちる瞬間を遅くするために、
手を出すな、顔から落ちろ、と教えられるのだそうですが、怖くて出来ないよ。

豪栄道は額に痛々しい大きなすりむき傷、見ていてもヒリヒリ~~。
口元はアメ探し競争をしたのか?と思う粉まみれ、違う、土まみれ。

体にも俵の痕の傷。
それでも一度も痛そうな顔をしたり、顔に付いた土を落とそうともしなかった。

勝ち続けていた時より、カッコ良かったよぉー。


再びそして、驚かされたのが遠藤が白鵬を破った結びの一番。

横綱はエルボーカチ上げで、遠藤を瞬殺か? せめてすこしは長引いてとドキドキ。
え!あ! 遠藤は見事に寄り切った、早かった。

白鵬の張り手(ビンタ)が間に合わないくらい、遠藤の立ち合いが早かったのかも。

場内、ネット共に騒然、興奮が渦巻く中リプレイもやらずさっさと中継を終了したNHKには唖然。

なのに、夜のニュースで大河ドラマの登場人物に関する歴史的文書が見つかった、とかってのを
ドラマのビデオや演じた俳優さんの談話を(ザッピングして戻ってきてもまだ続いてた)延々流していた。

同じのを昼間のニュースでもやってたし、そんな時間の使い方でええの?
災害や大きな事件の時は相撲中継は中断されても耐えてるよ、みんな。

六日目の結びの一番みたいな後は2分延長してくれたって、誰も不幸にならないと思うわ。
噛り付いて6時のニュースを待っているヤツがいたとしても、許してくれるよ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄緑地、花と小さな生き物柄... | トップ | 今日はこの冬の初雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お相撲について好きにしゃべってます 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。