バカブンド

探し物はなんですか?

ディナーダ風がふくままに ワシントン生活 これからの不安感じる

2017年05月15日 08時13分42秒 | ロード人
旅はこうして始まった

飛行機は初めにニューヨークに着いて国内線に乗り換え、やっとの事でワシントンに着いた。

二度目のブラジルに行った時に、二十四時間かかって行った事を思い出す。
「それに負けない位遠い」
飛行場には誰の迎いもなく、自分達で目的の住所に行く事になった。
「俺は慣れているからどうにかなるけど、海外経験のない人だったらパニックになるだろう」
とりあえず電話をして住所の確認をした。
電話に出た女性は、日本語があまり得意ではなさそうな感じ、でも、どうにか確認が出来たが、
最後に出た女性は生意気そうな声で命令調だ。
「この人が女将さんになる人だろう」
「いやな声だ」この先の不安を感じた。
目的の住所に着いたのは、夜の九時を過ぎていた。
「ぐったり」先程の電話の声の二人の女性が来ていた。
一人は美空ひばりを意識したような髪型で、高慢な感じの女性。
もう一人は日系何世かと言う感じの女性だった。高慢な感じの女性の発した初めの言葉が、
「休む、それとも食事に行く」
「むかっと来た」
「最低でも長旅でご苦労さまだろう」こっちには小さな子供もいるのに、
「何て無神経な女だ」
「どうも、先ほど電話で感じた事は的中した感じ」
着いたばかりでアメリカでの期待と夢はどこかにいった。
「作戦の練り直し」
「本当に真剣に考えないと、とんでもない事になるかも」

でも、翌日から本当に事件は起きた。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディナーダ風がふくままに ... | トップ | ディナーダ風がふくままに ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。