バカブンド

探し物はなんですか?

「ディナーダ」風がふくままに パリに着く シャンゼリゼ通リで勘違い 反対?

2017年09月14日 07時03分14秒 | ロード人
旅はこうして始まった・・・

どうにかシャンゼリゼに着いた。
飛行場からのバスは、俺の英語でも通じて乗る事が出来た。
降りてからシャンゼリゼ通りに出るまでが大変、おまわりさんなら英語でどうにかなるかと思い道を尋ねてみた、ものすごく冷たい感じで指を指すだけだけ、
「本にはフランス人は気位が高く冷たい感じと書いてある」
「全くその通りだ」
「大きな凱旋門が見えて来た、あの有名なナポレオンの凱旋門だ」
でも、「シャンゼリゼ通りのわりには人が少ない」天気も少し曇っているせいかと思った。
とりあえずカフェに入り、何か食べながらこれからの事を考える事にした。
「カッフェ シルボプレ」と注文をとりに来たウィターに言った。
「ウイ ムッシュ」と彼は答えた。
通じたこれが俺の初めフランス語だ。気分がよくなり今日はどこかのホテルでゆっくりして、明日から考える事にした。
店を出て凱旋門の方にいくが相変わらず人が少なくむしろ寂しく感じた。しかし、凱旋門についてびっくりした。
「門の反対側の通りはにぎやかで人がいっぱい」
どうも俺はシャンゼリゼ通りの反対側をシャンゼリゼ通りと勘違いしていたようだ。
おまわりさんはあっちと確かに指を指した、でも、シャンゼリゼと言ってなかった。
「最も俺にはフランス語解らないのだから」
「本当に可笑し」
「さあ、見るぞ」急に足が速くなった。

凱旋門を正面にして、シャンゼリゼ通りの中ごろを右に入った所に、ダルトワ通りと言う小さな通りある。そこに小さな和食の店があった。

店の名も"ダルトワ"と言う、俺はヨーロッパでの三年半ここを中心に青春をした。

ブラジルから来たばかりの時に右も左もわからない俺に、ここに集まる多くの若者との出会いが、世界感を広げてくれた。そして、毎日がドラマ見たいに楽しく始まった。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ディナーダ」風がふくまま... | トップ | 「ディナーダ」風がふくまま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロード人」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。