バカブンド

探し物はなんですか?

「ディナーダ」風がふくままに これがパナマ運河 感激よりもこれから先に不安

2017年09月11日 07時41分04秒 | ロード人
旅はこうして始まった・・・

ゆっくりと船は運河に入って行く。
奥に入るにしたがって両岸が見え、川の様な感じになって来た。
そして、船のドッグの様な所で止まり水が入って来た。
船は少しずつ浮いていき、進行方向の運河の高さまでなっていった。
世界的な建築物を目の当たりにし、本当はすごく感激する所なのだろうがよくわからない。
太平洋から大西洋。頭の中では単純に理解は出来るのだが不思議だ。
「本当に遠い所に来てしまった」

もう日本に戻れないような気分と、この先の不安が現実的に感じて来た。
「これで良かったのかな、何でこんな所に来たのかな」
気持ちは、急に後悔の思いがこみ上げて来た。

ふと、高校ラグビーを始める時のきっかけを思い出した。
中学の頃、テレビで青春物の人気場番組があり、その中でラグビーを初めて知った。
とてもかっこ良くて男らしく見え、それだけの単純なきっかで高校でラグビーを始めた。
「単純な動機」
その時と今回のブラジル行きとは違うが、根底の意思は同じかも知れない。

船は次の停泊する港にベレンに向かった。

そこはアマゾン川の河口にある港。そこで、研修所から一緒だった沢山の友達が降りていく。
「いやだな、行きたくない」
どんどん船が進むが、気持は反対なっていく。
「着くな」
弱虫な自分の気持ちとは関係なく、確実に船は南米に向かっている。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ディナーダ」風がふくまま... | トップ | 「ディナーダ」風がふくまま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロード人」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。