MASQUERADE(マスカレード)

 こんな孤独なゲームをしている私たちは本当に幸せなの?

欅坂46 『不協和音』の「僕」について

2017-04-20 00:01:47 | 邦楽

欅坂46 『不協和音』

欅坂46さん『不協和音』の歌詞
フチョウワオン
words by アキモトヤスシ
music by バグベア
Performed by ケヤキザカフォーティーシックス

 週刊文春の2017年4月20日号の「考えるヒット」というコラムで近田春夫が欅坂46の

新曲「不協和音」の歌詞に関して、以下のような推論をしている。

「『不協和音』の歌詞からどうしても感じてしまうのは、秋元康とスタッフの間にはなんらか隙間風が吹いているのではないかということである。かつてとは違い、意見の衝突などで孤立を実感することも増えた。読めば読むほどこの歌詞、そのような状況下の自身を鼓舞するために書かれたものに思えて仕方がないのだ。その行く手には何だか大変なことが待ってるんじゃないんすかね? なーんちゃって。」

 しかしこの理屈は考えにくい。例えば、秋元康が関わっている曲が売れなくなってきている

ならばともかく、乃木坂46や欅坂46の曲の売り上げは伸びており、AKB48の曲は安定して

売れているのだから、スタッフが秋元康に文句を言うわけがないからである。しかし秋元が

「当て書き」して歌詞を書くことはよくあることで、誰を思い浮かべながらこの歌詞を書いたのか

勘案するならば、マレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺された金正男ではないかと思う。

金正男が暗殺された日は2017年2月13日で、「不協和音」がリリースされると告知された日は

翌日の2月14日なのである。もちろんそれ以前から楽曲の制作は始まっていたはずだが、

この出来事から強いインスピレーションを得て良い歌詞が書けると確信したのではないだろうか。

そう思いながら聴くと納得できる内容の歌詞で、金正男について歌われた世界で初めての曲だと

思う。もっとも曲のイメージを損なわないために、作詞家が本当のことを言う訳はないのだが。

 それにしてもアイドルグループだと思って加入した欅坂46がゴリゴリのダンスユニットだった

ことに戸惑っているのは土生瑞穂だけではないと思う。

『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「(Sweet Sweet Baby) Since ... | トップ | 「Road Games」 Allan Holdsw... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。