MASQUERADE(マスカレード)

 こんな孤独なゲームをしている私たちは本当に幸せなの?

『スーサイド・スクワッド』

2016-09-18 00:14:09 | goo映画レビュー

原題:『Suicide Squad』
監督:デヴィッド・エアー
脚本:デヴィッド・エアー
撮影:ローマン・ヴァシャノフ
出演:ウィル・スミス/マーゴット・ロビー/ジャレッド・レト/ジェイ・コートニー/ヴィオラ・デイヴィス
2016年/アメリカ

ストーリーが「グラフィカル」にはならない作品について

 期待していたほどにはストーリーが弾けない原因は、製作総指揮に物語よりもグラフィカルな映像にこだわるザック・スナイダーが関わっているからであろう。それでも本作がヒットしているとするならばマーゴット・ロビーが演じるハーレイ・クインのキャラクターに魅力があり、なおかつ往年のヒット曲をこれでもかというほど多用しているからだと思う。
 カタナを演じた福原かれんの日本語が悪いとは思わなかったが、カタナと敵対する日本人役が話す日本語は酷いものだった。『シン・ゴジラ』(樋口真嗣監督 2016年)において日系アメリカ人のカヨコ・アン・パタースンを演じた石原さとみが話す英語がネイティヴにはあのような感じで聞こえるとするならば恥ずかしいと言わざるを得ない。個人的にはそうは聞こえないのではあるが。
 ところで本作のラストにおいてアマンダ・ウォーラーが自身の失態を隠蔽するために、ブルース・ウェインに新たな「メタヒューマン」のリストを渡している。ウェインは自身の「スーサイド・スクワッド(決死隊)」を結成するらしいのであるが、続篇でさらに増えるであろうキャラクターを覚えきれる自信がない。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ヤング・アダルト・ニュー... | トップ | 『現代ポルノ伝 先天性淫婦』 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
スーサイド・スクワッド  監督/デヴィッド・エアー (西京極 紫の館)
【出演】  ウィル・スミス  ジャレッド・レトー  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショットや、ジョーカーに夢......