MASQUERADE(マスカレード)

 こんな孤独なゲームをしている私たちは本当に幸せなの?

『エル・クラン』

2016-10-11 21:31:02 | goo映画レビュー

原題:『El Clan』
監督:パブロ・トラペロ
脚本:パブロ・トラペロ
撮影:フリアン・アペステギア
出演:ギレルモ・フランチェラ/ペテル・ランサーニ/リリー・ポポヴィッチ/フランコ・マシーニ
2015年/アルゼンチン

テーマソングで明かされる「真実」について

 本作において何に驚いたかと言えば、プッチオ家の家主で主犯のアルキメデス・プッチオが逮捕された後に、獄中で勉強して弁護士の資格を取り、自ら弁護をしたという事実をエンドクレジットで知ったことである。善かれ悪しかれ「やり手」という人は何でも出来てしまうのであろう。
 それならば何故アルキメデスは家族まで巻き込んで犯罪に手を染めたのか気になるところで、そこで重要となる演出としてイギリスのロックバンドのキンクス(The Kinks)の名曲「サニー・アフタヌーン(Sunny Afternoon)」が作品冒頭とラストと2回流れることである。以下、和訳してみる。

「Sunny Afternoon」 The Kinks 日本語訳

税務署が俺のカネを全て取っていき
俺は外見だけは立派な家に残され
晴れ渡った午後を無駄に費やしている
俺は自分のヨットを使えない
税務署が俺の持ち物全てを持っていったから
俺に残されているのはこの晴れ渡った午後だけ

この税の強要から俺を救ってくれ
俺にダメ出しをくらわそうとする厚かましい母親がいるんだ
俺はこの上なく愉快に暮らすことを止められないし
この贅沢な人生を謳歌したいんだ
晴れ渡った午後を無駄に費やしながら
夏の暑い日の午後を
夏の暑い日の午後

ガールフレンドは俺の車に乗って逃げていき
彼女の両親のもとに戻っていった
酒浸りで無慈悲な日々について話しているだろう
今俺はここに座って
氷のように冷たいビールをすすりながら
晴れ渡った午後を無駄に費やしている

上手く切り抜けられるように俺を助けてくれ
俺がここにいなければならない上手い言い訳を二つ教えて欲しい
だって俺はこの上なく愉快に暮らすことを止められないし
この贅沢な人生を謳歌したいんだ
晴れ渡った午後を無駄に費やしながら
夏の暑い日の午後を
夏の暑い日の午後

この税の強要から俺を救ってくれ
俺にダメ出しをくらわそうとする厚かましい母親がいるんだ
俺はこの上なく愉快に暮らすことを止められないし
この贅沢な人生を謳歌したいんだ
晴れ渡った午後を無駄に費やしながら
夏の暑い日の午後を
夏の暑い日の午後

 この曲に込められた監督の意図を察するならば、具体的な描写はないのだが、アルキメデスは税金の支払いに困窮して誘拐殺人を繰り返していたのではないだろうか。
 それにしてもこのキンクスの「サニー・アフタヌーン」のミュージックヴィデオでは雪山の中でメンバーたちは演奏しており、「イン・サマータイム」と歌いながら最後に寒そうに手をこすり合ってギターを弾いているレイ・デイヴィスのひねくれた性格がよく表れている。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『Gilles de Rais ~ジル・ド... | トップ | 『BFG:ビッグ・フレンド... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。