キュートなバアサンになるために

映画のこと、山のこと、街の風景、家の庭、いろいろを気ままに・・・

『ぼんくら陰陽師の鬼嫁』秋田みやび

2016-10-19 22:56:00 | 読書
               
 いろいろな不幸が重なってアルバイト先も下宿先も失ってしまった女子大生野﨑芹は夕方の公園で着物姿のかわいらしい女の子を連れた背の高い風変りな格好をしている北御門皇臥に出会う。
芹の状況を知った皇臥は芹に仕事とねぐらを提供する、と申し出る。
 それは 皇臥との契約結婚だった。その皇臥の職業は名門の『陰陽師』。
しかし、その皇臥は退魔や呪詛系の能力のまったくないぼんくら陰陽師だった。
 生活のため、そして助けを必要としている依頼者のため、芹は皇臥を発奮させ 持ち込まれた難事件を皇臥や式神の護や珠たちと事件を解決していく。

 久しぶりに文句なく楽しめたライトノベルです。
漫画感覚で気軽に楽しめます。
ネットのレビューをみても評判が良く 続編を望む声が多いです。たしかに私も芹と皇臥の活躍がもっと読みたいし、ふたりのこれからの関係も気になります。

 ちなみにこちらの本は紙ベースではなくアマゾンのkindleで読みました。
本は紙ベースで何度も同じページをめくって読むのが好きなのですが スペースの問題や気軽にどこにでも持ち運べるということでkindleもありだな、と思いました。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏キャラ? | トップ | 本日のお庭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。