キュートなバアサンになるために

映画のこと、山のこと、街の風景、家の庭、いろいろを気ままに・・・

『ノア 約束の舟』

2014-06-18 23:14:15 | 映画
     公式サイト

 どうもここのところハズレ気味の映画が多いような気がします・・・

 今回の映画『ノア 約束の舟』は旧約聖書のノアの方舟の物語です。

神が創造した世界は人間たちの悪意で醜いものになってしまった。
そこで神は この世界を滅ぼすことにされた。 そして アダムの末裔のノアに命じ、大きな方舟を作らせ、世界中の生き物をつがいで方舟に避難させた。

 神の考える新しい世界には人間はいない。 ノアは自分たち家族が最後の人間になる、ということを決心する。
しかし、長男セムは 避難所で瀕死の重傷を負っていた少女を助け、その少女イラと結婚し、イラは子どもを身ごもる。
 次男ハムはノアの考えを受け入れることができずノアに反抗する。
 すべて夫に従ってきたノアの妻ナーマも 生まれたきたばかりのセムの子どもを殺そうとするノアと対立する。
苦悩しながら 神の意志を貫こうとするノアと人間として悩むノア・・・

 いやいや・・・かなり厳しい内容でした。

幼稚園の頃の話なので ほとんど覚えていないのですが 母に連れられ『ノアの方舟』の映画を観たことがあります。
髭の生えたおじいさんが みんなにバカにされながら山の上に方舟を作り、動物たちと方舟に入ったところで 世界中を覆う洪水がきたけれどノアたちは助かる、みたいなファンタジーっぽい映画で 楽しかった記憶があり、きっとそのリメイク作品だろうと勝手に思っていたのですが まったく違う暗くて重い雰囲気の映画でした。
 だいたい世界中で自分の家族しか生き残れなかったとしたら どうやって子孫が増えていったの?・・・なんてことまで考えてしまいました。

 キリスト教の国なら それなりに観客も集まるでしょうが 日本でこの厳しさが受け入れられるのかなあ。

ラッセル・クロー、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンソンなど有名な俳優さんが出演されています。

 う~ん・・・・もうちょっと楽しいか、面白い映画が観たいなあ~
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の季節のお助けグッズ | トップ | 呪文みたいな名前のスタバお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

ノア 約束の舟 (本と映画、ときどき日常)
監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ラッセル・クロウ    ジェニファー・コネリー    エマ・ワトソン ”世界を飲み込む雨が降る”と神のお告げを聞いたラッセル・クロウ。 大きなお船をを作って備えるぞ! そしてそれを奪おうとする。 スケールの大きな作...
ノア 約束の舟 (だらだら無気力ブログ!)
『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。
ノア 約束の舟 / Noah (勝手に映画評)
旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。 キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、その名前位は聞いたことがあるかもしれないけど、何をしたの...
『ノア約束の舟』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
ノア約束の舟を観てきました。 旧約聖書の創世記に登場する大洪水にまつわるノアの方舟物語のことです。 けがれのないあらゆる動物が一つがいで乗り込んで洪水を逃れた話というくらいは知っていましたが、 ノアという方がいらしたのですね。 洪水になった理由を知らなか....
ノア 約束の舟 (とりあえず、コメントです)
『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が“ノアの箱舟”をテーマに描いたスペクタクルな作品です。 “ノアの方舟”は知ってはいましたけど、あの物語がどんな映画になるのだろうと気になっていました。 予想以上にドーンと胸に迫るような重さと怖さにドキド...
映画『ノア 約束の舟』観た (よくばりアンテナ)
ぜ~んぜん聖書については知らないのですが、 知らなくても大丈夫です。 創世記について序盤におおまかな説明がちゃんと語られてます。 創世記からつながる夢を見たノアは 神からの予言だと信じて、 大洪水の前に家族と岩の巨人の協力を得て箱舟を造る。 嵐の...
ノア 約束の舟/NOAH (我想一個人映画美的女人blog)
「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「ファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。 ダーレン監督は本人曰く、クリスチャンではなく信心深くないユダヤ教徒...