ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

風林火山「決戦川中島」

2007-12-16 | 風林火山
風林火山「決戦川中島」

大井夫人「国など…、国など無ければ良い。国がなければ戦は起きぬ。戦がなければ如何様な世になろうかのう?。」
勘助「さような世などはありえませぬ。」
大井夫人「ならば…、何のために御仏はおられるのじゃ。それとも真はおらぬのか、御仏など。」
勘助「御仏とて、この世に立てば戦と無縁では居られますまい。」
大井夫人「そなたは真に哀しく生まれついたのですね…。」

信繁、諸角は討ち死に。
その間、武田は陣を立て直す事が出来ました。
もはや講ずる策はなし…と勘助も戦場に向かいます。

越後の宇佐美は、武田の別働隊との挟み撃ちを恐れ、退き陣を謙信に進言します。
…が、謙信は長刀を手に、「皆、我に続け~」と敵、目掛けて駆けて行きました。
宇佐美「…御屋形様…。」

武田の別働隊は妻女山を下山して越後勢の背後を突こうと河を渡るところでした。
渡河を食い止めるべく待ち受けるは村上義清。
真田幸隆との宿命の対決です。

敵の本軍に向けて足軽隊を進める勘助。
そこへ嫡男、義信が登場…。
義信「わしが敵の本陣を突く」
勘助「お戻りくだされ。某にお任せくだされ。命を粗末になさってはなりませぬ。貴方様のお命とこの勘助の命とは違いまする!。大切な武田の御嫡子。貴方様が御屋形様を守らずして誰が守りしまする!。お戻りくだされ。」
勘助「勝頼様のこと、お頼みもうしまする。義信様がお導きくだされ。武田家をお守りくだされ…。」

回想甘利「…何を守り、何を失うかじゃ。」
回想板垣「そちが御屋形様を照らし続けるのじゃ。この甲斐の真の軍師になるのじゃ。」

幽霊由布姫「死んではならぬ。」
勘助「あの折も某をお止めくだされたか…。某はまだ生きておりまする。諦めませぬ。御屋形様に天下を!。」
てやぁーって勘助、突貫します。

戦場で勘助を見つけた宇佐美は、陣を引け~と言いますが…勘助は無視。
宇佐美「一国を滅ぼしてまで、何のために戦うのかぁ~」

って、そこへ白馬にまたがり武田本陣へまっしぐらに向かう謙信。
宇佐美に追いつかれてるのは矛盾を感じるが…。
三太刀受け止めたら七太刀の傷跡?って、どういうこと?。
良くわからんが凄い太刀筋ってことで…。

謙信の後を追う勘助。
「生きるためじゃ。我が思うお人のためじゃ~。」と駆けながら宇佐美の問いに答えます。
そこへ、弓矢と直江の一閃。
勘助は馬から落ちてしまいました。
弓のダメージは少ないようだけど、落馬がイタイか。
謙信が馬上から見下ろす中、いかにも涙が出てきそうなBGMの中で、板垣モードになって戦う勘助。
謙信が立ち去った後に、鉄砲の音。
直江が鉄砲隊に指示を出してたのでしょうか?。
当たりすぎ、馬糞で抵抗力をつけている勘助も堪ったものじゃない、弾が当たりすぎ…。

越後と駿河、二つの海を貫いて天下を~。まだ戦える~~~。

勘助の前に現れたのは平蔵。
やはり勘助に止めを刺すのは平蔵か?。
勘助「わしの…頸を…討て!。」
摩利天のお守りを平蔵に渡そうとする勘助。
勘助「これを…持て…。」
お守りをもらってどうなるのか?と考える暇もなく、平蔵も弓を撃たれて撃沈…。
勘助「平蔵…。」

そのとき、妻女山からの別働隊が到着。
真田の六文銭の旗を目にした勘助は「我らが勝ちにございまする…。」

戦が終り、上杉軍は善光寺へ兵を引きあげました。
宇佐美「武田は…まさに修羅の道を歩んでござる。」
謙信「この乱世は一睡の夢にすぎぬ。人の生涯もまた…、朝置く露のようなものであろう…。」

信繁、諸角の死を哀しむ信玄。
そこへ勘助の胴体を担いだ伝べぇ、登場…。
伝べぇ「やまもと~、かんすけにございまする~~。」
先週の予告の声はこれだったのかぁ(涙)。

そこへ勘助の頸を取り戻した太吉も登場…。
信玄「あの胴と…合わせてやるのじゃ。」
信玄「笑おうておるの…。勝ち鬨をあげようぞ。」
信玄「えい、えい。おー。」
全員「えい、えい。おー。エイ、エイ、オー。」

平蔵はあの怪しい婆さんに救われたかもしれないですね…。
支払うお金が無いから…実験体にされたかもしれないけど…(涙)。

 ~ 夢を追うものは、その夢の果てしなさを知るのである…。見果てぬ夢を追うものは永遠に咲き誇る一厘の花の如し。 ~

ミツ「勘助、わしには見えるらよ。勘助の中に咲いてる花が…。」

山本勘助 1561年9月10日 川中島の合戦にて討ち死に。

一年間、ありがとうございました

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の一枚 | トップ | 今日の一枚 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2007-12-19 22:26:20
一年間お疲れ様でした~♪
ミツの言葉で締めくくられたのは良かったですね。
これがもし由布姫の言葉だったらブーイングの嵐だったでしょう。
来年も機会があったらよろしくお願いいたします!
ミチさんへ (トールギス)
2007-12-25 05:56:24
おはようございます。

来年の篤姫もたぶん書くと思うので、宜しくお願いします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ 「風林火山」 決戦川中島 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに最終回。 1回延びた今年の大河の幕引きです。 武田信繁・諸角豊後の二人が討ち死にしてしまいました。 妻女山からの援軍が来さえすれば・・・
風林火山~最終回・見果てぬ夢 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
風林火山ですが、武田信繁、諸角虎定(加藤武)と相次ぐ討ち死にで、武田軍は劣勢に立たされます。本陣では武田信玄(市川亀治郎)が「勝つのじゃあ、勘助!!」と気合を入れますが、山本勘助(内野聖陽)は何かを決意したかのように自ら前線に向かいます。(風林火山、最...
・・・夢の果てまでも(風林火山・最終回) (朝凪、夕凪)
・・・・・・大河のお約束というか、鉄則・・・。
風林火山#50(最終回) (あはれにをかし)
このOPとも、いよいよお別れです・・・。勢いがあって流れるような感じが大好きでし
風林火山50話 最終回 (用件を聞こうか・・・)
信繁&諸角の討ち死にが、武田本陣に伝えられ、悲しみを堪え、信玄の”絶対に勝つのじゃ~”の声が響く。そして、勘助も自ら出陣。 妻女山からの真田幸隆の援軍を迎えたのが、村上義清だったのには、思わず、はぁ。38話で、越後に逃げ延びてから、全然出てこなくて、な...
風林火山 (のたまふ)
第50回/決戦 川中島(56分拡大版) ―あらすじ―永禄4年9月10日。川中島での武田、上杉両軍の死闘はそのピークを迎えていた。 軍勢を二手に分けて挟み討つ勘助(内野聖陽)の「啄木鳥(きつつき)の戦法」は宇佐美(緒形拳)によって見破られ、政虎(Gackt:ガクト)率...
「風林火山」最終回 (日々“是”精進!)
 第五十回「決戦川中島」信玄は弟・信繁、重臣諸角を失い、武田軍は崩壊の危機にあった。しかし、上杉本陣に向かっていた武田の別動隊が戦に参加すれば戦況は一気に逆転する。別動隊の復帰を信玄は本陣で待った。武田勢の予想以上の粘りに宇佐美は撤退を進言したが政虎は...
「風林火山」最終話「決戦川中島」 (つれづれ さくら日和)
終わりました。 最終話にて、主役の勘助が壮絶な死を遂げると、流石に泣けるかな、と思ったのですが、結局冷静に観てしまいました。 最終回なので、登場人物紹介部分でも(回想)オンパレードでしたね。 懐かしの小山田信有(回想)の文字も見つけ、彼の回想なんてどの...
風林火山.50/さらば勘助! (ブルー・カフェ)
最終回です。もう今さらあれこれ言ってみても「終わり」であることには間違いないようですね。 さて本編と一緒に「風林火山クラブ」も「ほぼ」最終回です。兼ねてよりお話しさせて頂いておりました「風林火山全50話・あなたが選ぶ作品ベスト3」の募集を開始させて頂きた...
大河ドラマ「風林火山」50話(最終回)「決戦川中島」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
OPテーマを聞いただけで今日は感極まる感じでしたついにきてしまった、この日が!!いよいよ「風林火山」最終回です!! 永禄4年9月10日。川中島での武田、上杉両軍の死闘はそのピークを迎えていた。軍勢を二手に分けて挟み討つ勘助(内野聖陽)の「啄木鳥(きつつき...
☆さよなら勘助。。風林火山( ┰_┰) (・*:・ふわゆら生活・:*・)
ついにこの日が来てしまいました。。大河ドラマ「風林火山」の最終回です。。今週のあらすじ 第50回(最終回)「決戦川中島」またまた由布姫の幽霊に引き止められる勘助。。そうか。。もしかしてこの戦いで自分は死ぬのか。。って・・・思ったかな。。勘助政虎がっくん。...
風林火山 決戦川中島 最終回 (ちゃんばら娘)
とうとう最終回となってしまいました。。。10月中旬から怒涛の忙しさで、毎日夜遅くまでの残業と休日出勤でとてもじゃないけど風林火山日記、書ける状況ではなかったです(--;しか~ぁし、どんなに疲れていても最終回だけは書かなくては・・・先週の典厩&諸角の討死の...
風林火山最終回 蒼き月影の如く勘助死す! (ぱるぷんて海の家)
今年の大河も今日で終わり。今日始まる前に風林火山第1回「隻眼の男」もう一度見てみた。実は三年前からの大河ドラマ全部録画しているのです。そのためにハードディスク増設もしたしぃ。 山本勘助若い!! 一年通してみてると歳とっていく姿があまり分からなかったけ...
風林火山 (Akira's VOICE)
最終回でござる
風林火山 第50話(最終回)勝ち鬨 (レベル999のマニアな講義)
内容ついに、決戦の火蓋が切られた。突如の上杉軍の攻撃に、応戦する劣勢の武田軍。妻女山からの援軍の到着まで、耐える戦いを強いられた。しかし、徐々に体勢を立て直す武田軍を見た宇佐美は、共倒れを防ぐため、政虎に兵を退くことを進言する。だが、政虎は、今こそが決...
頼山陽が見た川中島!! (函館 Glass Life)
いよいよ最終回ですね{/hamster_6/} 勘助の進言した「啄木鳥の戦法」が実行に 移されました。 「啄木鳥の戦法」は表面的には失敗だった のかも知れませんが、膠着状態の両軍を動 かしたと言う意味では、満更失敗とは言え ないのです。 何せ、人数の上では武田軍が有利なの...
風林火山 最終回 さらば、山本勘助。。。 (Natural Days)
 さぁ・・・今日で最終回を迎えた風林火山。
風林火山最終話「決戦川中島」レビュー(とりあえず) (かわうそのうそ)
当ブログ,更新が開いてしまいましたが,今週は最終話ということでちょっとだけ。  
風林火山 50「決戦川中島」 (はざまの欠片)
『風林火山』もとうとう最終回。勘助の「はやきこと風の如く…」を聞くのもこれが最後なんですね…。 啄木鳥戦法は失敗。援軍が駆けつけるまでの間を何とかしのごうとする武田軍。勘助があえて前へ出て戦ったのは、何としても御屋形様に勝ちをあげたかったんでしょうね。...
『風林火山』第50回(最終回) (strの気になるドラマ 気になるコト)
『風林火山』第50回 最終回。良い大河ドラマだったな。。内野聖陽さんのファンになりそうだし。。2007年大河ドラマ『風林火山』 (最終回)五十回「決戦川中島」  山本勘助(内野聖陽)武田信玄(市川亀治郎)飯富虎昌(金田明夫)諸角虎定(加藤武)真田幸隆(佐々木蔵之介)原虎...
大河ドラマ 風林火山・第50回(最終回)「決戦川中島」 (真田のよもやま話)
馬がいっぱい旗指し物もいっぱいで迫力満点のオープニング。 親切な合戦図も見せていただいて、いよいよオーラス、最終回の始まりです。 信繁様&諸角殿の討ち死にシーンもおさらいです~!
風林火山(12月16日) (今日感)
いよいよ最終回。 信繁、諸角が討ち死にし、「前へでまする」と悲壮な決意で前にでる勘助。
風林火山:第50回(最終回)「決戦川中島」 (食う♪読む♪歩く♪)
大河ドラマ「風林火山」らしい疾風怒濤の最終回でした。 感動とは違う気もしますが、
風林火山 最終回「決戦川中島」 (みはいる・BのB)
今年の大河ドラマも遂に最終回を迎え、いよいよ年末やなぁ~と 感慨深い時間に、BLOGの打ち込みをしております。
「風林火山」第50話(最終回)。 (Creme Tangerine)
今年の大河もとうとう最終回を迎えました。昨日(15日)はスタジオパークに 亀治郎さんがゲストでいらしてました。久しぶりに「あ~ま~り~」の映像が 流れたのですが、あの眉毛の上下運動は何度見てもすごいですね…。
【風林火山レビュー】決戦川中島 (必然的なヒストリー)
今回をもって、硬派戦国ドラマとして名を成した「風林火山」が終了。皮肉な形で、後世に名を残す事となった「啄木鳥戦法」を見破られた勘助。そのおかげで、武田軍は窮地に追いやられました。援軍が来るまで、武田軍は持ちこたえる事が出来るのか!最後の最後まで緊迫感が...
大河ドラマ「風林火山」#50 (ミチの雑記帳)
「決戦川中島」 最終回だけに今までの登場人物が総出演でした。アノ人も、コノ人も名台詞を引っさげて回想で登場。いかにもまとめ~という感じなのはしょうがないとはいえ、内心もっと斬新な終わりを期待しておりました{/hiyo_uru/} 先週の川中島の戦い前半は信繁と諸...
大河ドラマ 風林火山 最終回「決戦川中島」 (TV雑記)
今年の大河ドラマも終わってしまいました。 山本勘助、最期の勇姿です!