ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

篤姫「薩摩か徳川か」

2008-09-07 | 篤姫
篤姫「薩摩か徳川か」

幕政改革の時、この薩摩が幕政改革に名乗りを上げるのです。
幕政改革って何?
一橋慶喜、松平春嶽の処分を解かせて政治の表舞台へ再びー
安政の大獄で処罰された人達を復活させるのが久光の狙いなのでしょうか?
兄、斉彬と手を組んでいた人達をひとまず復活させて自分の味方を増やす作戦か…
一橋慶喜には「薩摩ごとき…」って言われてたけど大丈夫か薩摩?

公武合体の家茂と和宮も仲が宜しいようで、ポカポカ陽気な大奥
そこへ滝山登場…。
なんか狐みたいになってきたがな、滝山はん
滝山「薩摩藩主の後見、久光が1千を超える兵を連れて京に上る。」
兵を率いて京に向かう薩摩勢の情報が大奥に届きます。
本寿院と和宮一味、さらに老中も天璋院を疑います
滝山も、外様の薩摩にあるまじき行いは許せません
これはまさに四面楚歌の天璋院

薩摩では、下関で待つように命を出した筈の西郷が勝手に大阪へ…
久光「ひっ捕らえて、即刻島流しとせよ。」
西郷はまた島流しなんですね…。
小松と大久保はあっという間に大阪へ向かい、西郷と会って話をしました
西郷は、心のどこかで久光の下では働きたくないと思っていたのでした…
薩摩のために働くと大久保と約束して、そしてまた島流し、よく殺されなかったな…。

久光は京に向かい、朝廷の方々と会見。
一橋慶喜が将軍後見人、松平春嶽が大老。
松平春嶽は家定に、諸侯が政に参加できる世を作ると言ってた人ですね。
しかし、たった一千の兵で京に上るだけでこんな事が成就するのでしょうか?

有馬「誰かがやらんにゃ、事は動かん!。」
久光「首謀者をここへ連れて参れ…。」
有馬ら9人の突出を止めるために、久光の命を受けた薩摩武士が向かいます。
結果は上意打ち。
攘夷派が上意打ちにあうとは…
「上意!」と叫んで斬り合いが始まります
よくわからんかったけど、有馬の剣が折れた
ここで薩摩武士Aが、有馬の勢いに圧され死んでしまいます
これは寺田事件といわれるものだそうです。
この事件を機に、久光は朝廷から信頼を得るのでした。
家中の者を犠牲にしてまで朝廷を守ったと…、久光の名声があがりました

この寺田屋事件には裏がありました
久光が朝廷の信頼を得るための、有馬達が命を捧げた大芝居だったのです
有馬の死を無駄にせず、この日本国を変えていくのは天命とかなんとか大久保に言われてまたまた開眼の小松

しかしですねー、薩摩武士Aが刺される必要があったのでしょうか?
一緒に刺せーってやり過ぎじゃー、有馬ー
9人ともそこそこの抵抗で討ち死にすれば良かったんじゃね?。
上意打ちの面々を犠牲にする必要があったのかしら?

天璋院の方も大変です。
大奥を一つに束ねて公方様を助けるって…、四面楚歌の天璋院に無理を言うなぁー、重野
天璋院と薩摩の謀ではと…、家茂からも疑われ、天璋院もさすがに落ち込んだ、、、へこんだようです
先手を打って慶喜や春嶽達を復帰させたのも、なんだかタイミングが良すぎて怪しい~

薩摩を捨て、徳川一筋。
薩摩の思い出の数々を燃やす天璋院。
天璋院「私は、私は、徳川の人間です。徳川のことだけ考えて生きる。薩摩など知らぬは。…これは、これはその証です。」

それを見る和宮。
和宮も徳川の人間となって、御所のことなど知らぬ、というようになるのでしょうか?。

次回、友情と決別

来週は、小松と天璋院が再会するそうな。

維新への胎動〈上〉寺田屋事件 (講談社学術文庫―近世日本国民史)
徳富 蘇峰,平泉 澄
講談社

このアイテムの詳細を見る
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京モーターサイクルショー | トップ | 東京モーターサイクルショー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
勘違いから起きた寺田屋事件!! (函館 Glass Life)
久光の上洛によって篤姫の立場は微妙になってきましたね{/cat_6/} 家茂にまで疑いの目を向けられるとは… 大奥での篤姫は四面楚歌状態ですね{/kaeru_alone/} いよいよ前代未聞、外様大名が建白書持参で上洛するので す。 上洛する薩摩も、待ち受ける朝廷や幕府も初体験。...
篤姫#36 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
今回は、天璋院の方がやり玉になる物語ということで、今までとは少し様子の違う物語でした。また、寺田屋事件という歴史上の事件が、本作では珍しく、結構踏み込んで描かれていたということで、物語の中心は薩摩に関することになり、大奥が脇になってました。尚、主役に疑...
「篤姫」第36回 (日々“是”精進!)
 第三十六回「薩摩か徳川か」大奥内の江戸方と京方の対立が続く一方、和宮と家茂の仲は日増しに深まり、天璋院は安心する。そんな中、幕政改革の勅令を得て幕府に迫ろうと、久光が数千の兵を率いて京へ上った。困惑する天璋院に対し、江戸城内からは彼女こそが陰で糸を引...
【感想】大河ドラマ「篤姫」 36話 「薩摩か徳川か」【寺田屋事件】 (失われた何か)
薩摩が京都へ上洛。その真意を知らず動揺する天璋院。 幕府内でも天璋院を疑う空気が漂ってくる。 薩摩でも上洛時に下関で待てと命令され...
篤姫 第36回「薩摩か徳川か」! (バレルオーク日記)
<天璋院様ご乱心!>「母上を疑うなど、無礼先晩!」疑われても仕方がないのかもしれませんが、老中ごときに・・・。「おいは久光様の下では働きちゃくなか思ちょる」西郷さんは、またまた、島流しです。いつ活躍の比嘉や手来るのでしょう?「だめだなぁ~わたくしは。先...
「篤姫」第三六話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
久光上洛により追い込まれる天璋院。 第三六話『薩摩か徳川か』
泣きに泣いた“今日の篤姫” (警視庁から俳優への転身~乾坤一擲で頂点を目指す)
“生きる”とはどういうことか。  それが大河ドラマ『篤姫』の最大のメッセージなのではないかと、回を重ねるごとに思う今日このごろです。  今も昔も、男も女も、鹿児島の人々の心は熱いですね。  確固たる信念を貫き通すことこそが“しあわせ”に通じるのだけれ...
大河ドラマ「篤姫」#36 (ミチの雑記帳)
「薩摩か徳川か」 久光は幕政改革の建白書を持って、兵や大砲まで率いて上京{/car2_tank/}{/car2_tank/}{/car2_tank/} 亡き斉彬の遺志を継いだとはいえ、かなり思い切ったことをする人ですね~{/face2_full_m/} 血気にはやって上洛したはいいけれど、公家たちには「京の...
篤姫:第36回「薩摩か徳川か」 (食う♪読む♪歩く♪)
久々に面白かった第36回。 「薩摩か徳川か」ではなく「島津か徳川か」、もしくは「
篤姫 第36回 薩摩の覚悟、天璋院の覚悟 (レベル999のマニアな講義)
『薩摩か徳川か』内容家茂(松田翔太)と和宮(堀北真希)の仲が良くなるのに満足する天璋院(宮崎あおい)そんななか島津久光(山口祐一郎)が、兵を率い上洛を開始する。下関での待機命令を無視し単独行動した西郷(小澤征悦)を島流しとし。そして、、京へと向かう薩摩...
篤姫 第36回 「薩摩か徳川か」 感想 (くまっこの部屋)
斉彬の意思を継ぐとする久光(山口祐一郎)が幕政改革を掲げて上洛するということで、
大河ドラマ:篤姫第36話「薩摩か徳川か」 (山南飛龍の徒然日記)
話が重くなってきましたね。大雑把な内容としては、久光が兵を率いて上洛→朝廷から相手にされず→有馬新七らが突出→久光激怒→配下を説得・鎮圧に向かわせる→同士討ち→有馬死亡→久光株急上昇→天璋院へ疑惑の目が→天璋院、失意のどん底こんな感じだったでしょうか。...
篤姫 第36話 『薩摩か徳川か』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
先週は痛恨のミスを色々とやらかしてしまったので、今週は慎重に編集せねば。 久光@山口祐一郎さんはキレキャラになってしまったなぁ…。
篤姫第36回「薩摩か徳川か」 (さくら色通信)
京方VS江戸方バトルは2週間で終了。篤姫に次なる試練がやってきました。今度は故郷の薩摩藩が大砲などを抱えて上洛してきました。そのことで篤姫は江戸の皆から「篤姫の差し金?」とあらぬ疑いをかけられ、遂にはかわゆい家茂からも疑われることになります。…という嫌...
篤姫 第36回「薩摩か徳川か」 (みはいる・BのB)
今回も18:00から放送のBSハイビジョンで鑑賞。 いまだに地上デジタルの電波が届いていません。 ・・・いったいいつになったら地上波もハイビジョンで観れるようになるのでしょうか?
★「篤姫36」ああ。。お宝がぁ。。(TT) (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日もいつものように「篤姫」楽しみましたぁ♪大河ドラマ「篤姫」西郷どん。。上司をコケにしすぎですぅ~またまた~~(沖縄かな?)島流し~~もうちょっと要領よくやれんかぁ~~薩摩が動き出したことで天璋院はつらい立場に。。あっちからもこっちからもいじめられ~...
『篤姫』第36回「薩摩か徳川か」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第36回。。のほほんとしたはじまり。。仲睦まじい家茂と和宮。そこに久光が軍勢を率いて薩摩を出たとの報せが。また被害妄想の本寿院。。老中の久世も天璋院へ。。それに怒る家茂。 下関に久光らが着くと、 西郷は居らず。。 西郷は先発して大坂に。 久...
『篤姫』第36回 (悠雅的生活)
 ~薩摩か徳川か~  
大河ドラマ「篤姫」第36回「薩摩か徳川か」 (真田のよもやま話)
 日に日に高まる薩摩の圧迫!攘夷か開国かっていうより、幕府改革=薩摩の勢力拡大を目指しているような感じです。そこで我らが天璋院様ですが、故郷と嫁ぎ先との闘いですもの、やっぱり悩まれるんでしょう。でもでも、ここは、っていうかここでこそ、女の道は一本道!を...
【篤姫】第三十六回 (見取り八段・実0段)
薩摩藩主、島津久光さまが千を超える軍を率いて出立されたそうでございます。ついに、薩摩は京へ上った。が、御所では岩倉具視などに薩摩ごときが何しに来たのか、と失笑を買う。当面は京の警護を。と、申しつかり、動きの取れない苛立ちの中で有馬達は突出を謀る。大久保...
【篤姫レビュー】薩摩か徳川か (必然的なヒストリー)
イベント的に考えると今回のタイトルは「久光上洛」か、もしくは犠牲者の立場から考えて「寺田屋同士討ち」「寺田屋の悲劇」「精忠組の悲劇」といった名前が相応しいかと思うのですが、天璋院の立場からすると・・・、という意味合いでのこのタイトルなのでしょう。でも、...
第36回「薩摩か徳川か」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
幕政改革を訴え出るための実力行使とも言うべき行動に、久光はついに打ってでた…京都や江戸を経由するうちにその数は1000人を超えるとも言われていた。一橋慶喜、松平慶永(春嶽)の処分を解くべきであるとすること、ほかにも要求はあった…時代は動くか?77万石もの領地を...
大河ドラマ「篤姫」 第36回「薩摩か徳川か」 (風のうわさ)
ついに 薩摩の久光が 京に向かいました。 幕政改革、すなわち 幕府に対するクーデターというわけですね。 これは 幕府も うかうかしてはいられません。 天璋院が 薩摩からの密書を受取っているのでは? と疑惑がかけられ、家茂は立腹します。 でも、昔は 斉彬からの...
大河ドラマ「篤姫」第36話「薩摩か徳川か」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
幕政改革。「都へ参る!!」その意思を固めた久光。 今回は思わぬ涙でしたわやられた。やっぱ「篤姫」はいいですなぁ♪だが西郷は既に大阪に向かって先立ってしまったようで・・・。下関についた久光はカンカンそりゃ自分のこと、地ごろって暴言吐いたり、命令無視し...
篤姫・36話 (朝凪、夕凪)
・・・以前、「薩摩を思って泣くのは、これが最後じゃ」と幾島がいた時、話したことがありましたが・・・。