ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

篤姫「桜田門外の変」

2008-08-10 | 篤姫
篤姫「桜田門外の変」

篤姫に晩年まで付き従うと思ってた幾島が退場
わたくしは…手がかかるぞ!って、次の老女も大変です(汗)

大老井伊「この国を治めるのは誰なのか。今は力をもって知らしめなければなりません。」
家茂「しかし、人心を掴まぬ限り徳のある政とは言えんのではないか!。」
大老井伊「私をお信じ頂けぬならお暇を頂くしかありません。」

天璋院「辞意を散らかすとは…卑怯千万。」
…と、今日も天璋院は大老井伊の言動にイラつきます。

薩摩では先週と打って変わって、大老井伊の暗殺話で大盛り上がり
大久保も捨石覚悟で決起に参加。
突出って言うんですね。
しかしその決起集会の日に御殿様からの手紙が到着。
久光?「…家の柱、礎として頼む。」
異存があるわけがなか…
いや、随分早いな。
手紙一枚で討ち入り中止かいな

帝の姫宮様を将軍家茂の御台所に…、終に堀北登場かー。
帝と幕府の絆を深めれば尊王攘夷派も黙るしかない。
公武合体
帝と合体したぁーいってやつですね。

と…緊張感走る展開なのに、家茂と天璋院は船乗りと対面。
勝麟太郎。
舟の模型を家茂に献上…、家茂はまだ子供ですからね。
168フィート…、フィートはちゃんと言えるんですね。
アメリカまでの道のりは四千里。
航海術の操練とはご苦労なことです
咸臨丸の乗務員なのに、随分と大器な…
どっちがお上がわからんがな。

そして、ジョン万次郎再登場、忘れてました(汗)。
万次郎「天璋院さんは、尚五郎さんのお気持ちは?。」
天璋院「へ?、…へ?、知りませんでした。私を大切に思ってくださった尚五郎さんの気持ちが嬉しいです。」
万次郎、余計な事を申しました…。
好いちょられましたか…って…

勝麟太郎からもらったミシーン。
天璋院は日本で始めてミシーンを使った人だそうです…。
ソーイングマシーンと万次郎は言ったのに、天璋院はマシーンをミシーンと言いましたか…、なるほど…。

天璋院 v.s 大老の井伊。
汚れた手で立てた茶、でも旨い
井伊は茶の達人なのでした。
大老井伊「攘夷、攘夷という輩にこの国の行く末を任せられましょうや!。この国を守りたいという一心にござります。私は己の役割を果たしたまで。」
『役割』って言葉に天璋院は弱いのよね…。

季節外れの雪が降る3月3日
短銃で打たれ篭の中でプチなんじゃこりゃー。
天璋院お手製ミシーンで織った布を持っていた井伊大老、ご落命
水戸の浪士の襲撃。
そして、井伊の頸をあげたのは薩摩の者。
これから解り合い、手を携えられたかもしれないのに…と惜しまれながら去る井伊直弼なのでした

次週、皇女和宮

豪徳寺は井伊家の菩提寺なのね。
和宮のカツラが似合ってねー。
今度は井伊の後を継いで、公武合体推進かいな…。

勝海舟 (第1巻) (新潮文庫)
子母沢 寛
新潮社

このアイテムの詳細を見る
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京モーターサイクルショー | トップ | 東京モーターサイクルショー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ 「篤姫」 桜田門外の変 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
戒名を決めてまで政を行っていた井伊直弼。 それだけ強い意志で行っていたということでしょう。 その結果水戸藩・薩摩藩士に刺されることに。
篤姫 第32回「桜田門外の変」 (あしたまにあーな)
今日は、人の運命について考えさせられる内容となりました。3つの時代の流れが大きく方向転換する、今後の展開にとってすごく重要な話がありました。 まず始めは幾島との別れ。後の2...
篤姫(8月10日) (今日感)
天璋院VS直弼
【篤姫】第三十二回 (見取り八段・実0段)
公方様は彼の者が点てた茶を飲まれたことはありますか。これから手を携え、解り合えたかも知れないのに・・・安政七年三月三日、大奥で花の祭りが行われていた時、大老・井伊直弼は桜田門の前で、水戸の浪士に襲われ殺害された。首を上げたのは、薩摩の者だった、と滝山は...
篤姫 第32回 遅すぎた理解 (レベル999のマニアな講義)
『桜田門外の変』内容井伊直弼が行った弾圧。安政の大獄それは、幾島に別れの決断を確認させるに十分であった。そして幾島が大奥を去る日。天璋院『私は長い間そちが嫌いであった幾島『私もあなた様には、ほとほと手を焼きました幾島から、斉彬から預かっていたという薩摩...
篤姫#32 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
確かに、今回の物語には「桜田門外の変」が描かれているが、相変わらず各回のサブタイトルに誤りがある展開ですね。後半の重要人物・和宮が登場するまでのつなぎという感じで、そこまでにやっておかなければならないことを詰め込んだという感じでした。よって、今回は主眼...
「篤姫」第三二話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
新たな出会いと再会。 心のわだかまりが少し解け・・・別れが訪れる。 第三二話『桜田門外の変』
篤姫・第32話 (ブルー・カフェ)
『さらば大老!』(※ikasama4さんより募金) 遂に「その時歴史が動いちゃった」・・・「桜田門外の変」です! よくよく考えるとちょっと「ヘン」なネーミングですね。「桜田門」に「外」が付いていて「変」・・・変(ぼそ) 「城内に入れなかった」ってことで「外」な...
『篤姫』第32回 (悠雅的生活)
 ~桜田門外の変~      
篤姫~第32回・桜田門外の変 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
篤姫ですが、幾島(松坂慶子)が正式に大奥を去ることになります。幾島は、天璋院(宮崎あおい)に桜島の絵を描いた掛け軸を渡します。これは斉彬からの贈り物ですが、幾島や薩摩の思い出となります。(以下に続きます)
篤姫第32回「桜田門外の変」 (さくら色通信)
安政の大獄が出たと思ったらもう桜門外の変。しかも来週の予告ではもう和宮が登場します。折り返し地点に来てなんだか展開が速いですね~。さて、幾島の件は先週の涙涙のシーンで終了したのかと思いましたが、まだ江戸城を去ってはいなかったのですね、今日は幾島が出て行...
大河ドラマ「篤姫」第32回「桜田門外の変」 (真田のよもやま話)
ええっと~~~、まだいたんですか幾島・・・。あ、失礼、でもでも、だってほら、もう3週にもわたってお別れネタですよ、まるで引退興行を一年続けた某アントニオ様のような~(汗)。{%うーん…(シクシク)hdeco%}
【篤姫レビュー】桜田門外の変 (必然的なヒストリー)
日本史史上、有名な部類に入るであろう桜田門外の変がメインであった今回。『歴史イベント』がサブタイトルになるのも久々な気がします。序盤、前回で出番終了だと思っていた幾島が今度こそ江戸城から退去。松坂慶子、退場の仕方が歯切れが悪いというか、中途半端というか...
大河ドラマ「篤姫」 第32回「桜田門外の変」 (風のうわさ)
まずは、幾島との別れのシーンから。 先週、さらば、といっておきながらも、まだまだ未練たっぷりなところが 幾島らしいですね。 勝麟太郎が、お土産を携えて 対面にやってきました。 将軍そっちのけで 天璋院とばかり話している勝。 天璋院に取り入るのが得策だと ...
篤姫 第32回 「桜田門外の変」 感想 (くまっこの部屋)
安政七年(1860年)3月3日、ついにその時がやってきました!雪が静かに降る中、
大河ドラマ「篤姫」第32話「桜田門外の変」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
いよいよ桜田門外の変!!最後までイヤなおじさんで終わってしまうのかと思いきや、今回は井伊のいいシーンが出てて、少しだけ和解した感じ。最後にほろりとさせてくれました(^^)しかしなんだかんだ言いつつ今回は色々なところで動きがありましたね~。ついに今日は幾...
第32回「桜田門外の変」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
井伊直弼は、安政7(1860)年3月3日…江戸城桜田門の前にて、水戸や薩摩鹿児島といった各藩出身の浪士らに襲われ、その46歳の生涯を閉じた。世に言う桜田門外の変の顛末だが、その事件が勃発する実に5年も前から自らの身の危険を察してのことだろうか、自らの戒名を自らの手...
篤姫 第32回「桜田門外の変」! (バレルオーク日記)
<“誠忠士の面々へ”!>「私は長い間そちが嫌いであった」「私も貴方様にはほとほと手を焼きました」気心の知れた天璋院様と幾島らしい最後のかけあいでした。「私は手がかかるぞ」天璋院様は重野というよい家来を得たようです。良い家来に恵まれるのは、父・斉彬譲りで...
大河ドラマ「篤姫」#32 (ミチの雑記帳)
「桜田門外の変」 前回かなりウルウル来てしまったので、今回改めて幾島とのお別れが描かれても「あら?まだいたの?」って思ってしまった私は薄情者でしょうか。前回幾島が去っていくところまでやるわけにはいかなかったのかな? 幾島に代わって天璋院のお世話をするの...
NHK大河ドラマ第32回「篤姫(桜田門外の変)」 (よく考えよう)
桜田門外の変は起こるべくして起ったと言えよう。 あの薩摩にして番組において下級武士が決起する中、藩主久光からの下し置きで騒ぎが納まる程に主従の絆が揺ぎ無い時代に、水戸家に対する仕打ちを怒らぬ家臣が居よう筈も無い。 その時代を生きている直弼にそれが分らぬ...
大河ドラマ:篤姫第32話「桜田門外の変」 (山南飛龍の徒然日記)
とても見応えのある回でしたね。これまでに放送された篤姫の中でも間違いなく上位に来る出来です。話の持って行き方といい、緩急のつけ方といい、江戸・薩摩の両方が立つ作りといい、今回はべた褒めな感じですよ(笑)家定様亡き後、些か心配でもありましたが、心配する必要...
「篤姫」第32回 (日々“是”精進!)
 第三十二回「桜田門外の変」天璋院は、ついに幾島との別れの日を迎えた。天璋院は別れのあいさつなどいらないと強がるものの、涙が止まらない。そのころ、幕府では蒸気船”咸臨丸”をアメリカに向け出航させる準備を進めていた。家茂と天璋院は、乗組員の勝と面会。一方...
篤姫:第32回「桜田門外の変」 (食う♪読む♪歩く♪)
ご無沙汰しております。 久々に(?)、でも途中から見た『篤姫』。 美しい桜田門外
「篤姫」32話 (ice-coffee)
「桜田門外の変」 ついにこのときが来ました。。
桜田門外の変!! (函館 Glass Life)
ついに幾島との別れの日が来ましたね{/sayonara/} 以前、幾島については紹介した事がありますので→こちら 『私は長い間そちが嫌いであった』と天璋院。 『私もあなた様にはほとほと手を焼きました』と幾島。 長い間苦楽を共にした二人らしい別れの言葉ですね。 もう一人...
篤姫 第32話 『桜田門外の変』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
[篤姫] ブログ村キーワード 上様が亡くなってからテンションだだ滑りだったんですが、久々に面白かったわ~! 井伊直弼と天璋院の腹の探り合いのような刺々しかった遣り取りが、茶の湯ひとつで少しずつ変化していく過程が実に面白い。
一期一会(篤姫・32話) (朝凪、夕凪)
幾島が、大奥を去る。 (前回の副題が「さらば幾島」だったし、今回が正式なお別れとは思ってなかったので、幾島の退出後、一瞬、今回はもう終わり?なんて、錯覚してしまったり・汗)
篤姫 第32回「桜田門外の変」 (みはいる・BのB)
先週で幾島さんとはお別れだと思ってましたが、今回が本当のお別れでした。(^^;;
『篤姫』第32回「桜田門外の変」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
殺されるべくして殺される井伊直弼。。幾島が大奥を去る日。それに際して「長い間、そなたが嫌いであった」と。。幾島は斉彬から預かったという鹿児島の絵の掛け軸を篤姫に。そして代わって重野が。井伊大老による安政の大獄。。幕府の維新をかけて。。しかし、人身を捉ま...
篤姫「桜田門外の変」 (森の中の一本の木)
 「相棒」ファン様にしか分からないことだと思うのですが、この「桜田門外の変」と聞くと、「桜田門内の変」を連想してしまう・・・困ったものです。  幾島は去って行きました。去るものがいれば、必ず空いたところが埋まっていくと言うのが世の常でございます。重野...