フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

春雨

2017-03-21 20:23:59 | Weblog
「春に三日の晴れなし」という言葉があります。低気圧と高気圧が交互にやってくるからです。月形半平太の台詞でお馴染みの「春雨じゃ濡れて行こう」がありますから比較的暖かな雨かと思うのですが、横殴りの雨に冷たいものを感じることもあります。濡れて行こうというのは横殴りの雨だから傘をさしても仕方がないという解釈も成り立ちます。その他に春雨には「木の芽おこし」や「桜流し」があります。木の芽おこしは木の芽が膨らむのを助けるという意味があり、桜流しは桜の花を散らしてしまう長雨を表現しる言葉です。昔の人の感性がしのばれます。
それだけに桜に託す人生訓も多く作られました。その最たるものは「散りぎわの良さ」「潔さ」です。私はそれよりも桜の花の団結力に目を向けたいですね。同じ木に咲く桜は、最後のつぼみが咲くのを待ってから散り始めるそうですから、仲間を大切にする精神を表していると思います。それよりも、咲いている時だけ近づく「花友(かゆう)」には絶体なりたくないですね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わる | トップ | 名前 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む