フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

昭和

2017-06-22 22:29:47 | Weblog
平成の次はどんな元号になるのでしょうか。次の元号で時代が進むと、今我々が昭和を懐かしむように平成を懐かしむことが出来るでしょうか。かつての映画「三丁目の夕陽」にあるように昭和のあの時代を懐かしむといいのですが。
昭和には子供時代には分からないけど大人になって思い出すと心がホッと温かくなるものが数多くありました。そうしたホッとする出来事を思い出すことが出来るかと問いかけると中々浮かばないのです。愚考するに、昭和という時代は、まさに進歩の時代でした。えっ、こんなことが出来るんだと目を見張ることが次から次に登場しました。普通の生活が楽になっていく生活用品が現れた昭和です。
もちろん今、平成の世でもすごい勢いで科学も進歩しています。しかし昭和に比べると目に見えるはっきりとした進歩ではありません。もっと奥深い、高尚な進歩なんです。我々凡人には見えにくい進歩です。
はっきりとした進歩が見える昭和がホッとさせるのでしょうか。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楊枝 | トップ | 演出 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事