フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

2017-10-10 23:24:22 | Weblog
この10月は仲秋の名月はじめ月を仰ぎ見る機会が多くなる月です。東の空に普段より大きな月が現れると思わず手を合わせたくなるのは私だけでしょうか(笑)。それほど月が神秘的に見えるのです。太陽が海の向こうにゆっくり沈んでいく、いわゆる夕陽を見ている時と同じ気持ちになっているのです。
さて、ふたたび月の話に戻ると、人は月を恋しがる風情があります。それはかぐや姫の昔話にあるように月には特別な思いがあるのでしょう。それだけに、今から50年弱前に月面に人類が初めて降り立った時に、世界中が沸き立ったのでしょう。ウサギが餅をついている姿としていつも仰いでいた月が手の届くところにあると実感出来た瞬間だけに、興奮するのは当たり前のことです。
「この空を飛べたなら」という加藤登紀子さんの歌の中に『♪~人は昔々鳥だったかも知れない…』 とありますが、ならば月は人類になる前には、鳥としてもっと身近だったので血が騒いだのだと理解します。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気働き | トップ | 第二のスタート »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事