フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

定年後

2017-07-26 23:46:55 | Weblog
私の十二、三年前の定年時に考えたことは、なんだったでしょうか。これからは悠々自適、晴耕雨読の毎日になるなと思ったものです。実際は次の職場で働きましたが。
さて定年後、ノンビリ旅行などが出来ると思って張り切っていた人が数年たつとなんとも浮かない顔になっていくことが多くなります。何故なんでしょうか。かつてダイアナ元妃が「最大の不幸は、人に必要とされないこと」と話していましたが、それを実感したからでしょう。人間はやはり、つながり、一緒にいることが大切なのですね。
人間の性として、人は自分の為よりも人の為に頑張れるというのがあるのも確かです。ですから給料云々よりも、もしタイミングがあえば、仕事につくのが良いと思います。人の輪の中にいることが身体にとても良いことだと思えます。沢山の笑顔にも出会うことがあり、自分にも伝染して来ます。必要とされることが何よりも大切ですね。
さあ、一歩踏み出しましょう。次の場所へ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短絡的? | トップ | 花道 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む