フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

名伯楽

2017-10-16 23:30:39 | Weblog
今年もプロ野球選手の数多くが、選手としての引退を発表しました。今後の予定が未定という選手が圧倒的です。ロッテの井口のように選手引退、即監督という人は、長い野球界でもそうあることではありません。まあ長嶋さんが代表ですが。
さてそこまでではなくても、コーチとして球団に残ることが出来る選手は幸せです。中日で言えば森野がそうです。先日の新聞では、コーチとして高橋周平選手を鍛え直すと張り切っていた記事がありました。球界には「名選手、必ずしも名伯楽ならず」という言葉があります。伯楽というのは古代中国で、馬を見分ける名人の名前です。そこから人の資質、能力を見抜く力のある人、その資質や能力を引き出すのに巧みな人を指します。単に伯楽というより名伯楽という形で使います。
コーチは選手として活躍が目立った人がなることが多いですね。それだけにこれからコーチを手掛ける選手は自分の持っているものを持っていないことが多いわけです。それを我慢出来るかどうかが名伯楽の道です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 験を担ぐ | トップ | コペルニクス »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事