フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

月見

2016-10-13 18:26:37 | Weblog
今日は「十三夜」です。十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日のおめみえのことを言います。中秋の名月の後なので「後の名月」とも言います。その際に栗や豆を供えるので「栗名月」とか「豆名月」とも呼びます。中秋の名月と今日の十三夜の両方を見ないと「片見月」と言います。
いにしえの人にとって毎日少しずつ表情を変えていく月は、田植えの時期や出漁を判断する手掛かりであり、生活に身近なものでした。こうして暮らしを見守ってきた月、しかし、やがて月は生活から離れていくことになります。日本が太陽暦を採用したからです。外灯が整備され月がなくても夜に出歩くことが出来るようになりました。それにつれて月を見上げる機会はぐーんと減ったでしょう。
ところで日本では月の模様を「うさぎの餅つき」に例えます。何故こうした模様が見えるのでしょう。月の地表は「海と高地」に大別でき、海は高地より濃い色の物質で出来ているので陰影が出来るそうです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中日愛 | トップ | 沈黙は金か »
最近の画像もっと見る

あわせて読む