マルガリータのつぶやき

フォトジェニックな「趣味の記録」:マルガリータの庭、国内海外の旅、グルメ、美術・音楽・映画、自分勝手流読書、etc

≪牛島の藤≫:特別天然記念物 春日部まで

2017-04-29 16:50:54 | 花便り、植物園
連休初日の素晴らしく良く晴れた朝、≪牛島の藤≫:特別天然記念物を観に春日部まで、
テレ朝のGood・Mの天気予報で知った。
ここの花の旬情報は楽しい。なかなか出かけられないが今回は2回目。
朝8時の開園を目指して出発したが、連休の渋滞で30分遅れ、
すでに、見物客も多い。

≪藤≫は見ごろ、透明なうす紫の穂は長いもので2mは垂れ下がるという。












 

16号沿いの≪藤通り≫も長い~


<HPより>
 この藤は樹齢千二百余年で山藤に似ているが、つるは右巻きで無毛です。本州・四国・九州の山地にあるが、その最も優秀な園芸の変種です。花房の長さは最も長い物で二メートルにもなり、根まわり十平方メートルあります。花色は美しい藤紫です。樹は根本から数本に分岐して、藤棚の面積七〇〇平方メートル。同じ物が三ケ所あります。見頃は毎年 4月下旬~ 5月上旬です。花時の眺めは世界一と賞賛されます。
庭園の敷地二ヘクタール。大小色ちがいの藤、中島があり、池のまわりのアヤメ、ツツジ、五百余年の老松は殊に庭園の風致を添えます。


・由来微証伝説(現在高野山にあり)
当園は元真言宗連花院の境内なりしを、明治七年当寺の住職藤岡好三氏其の筋へ出願なし、
廃寺となり爾来所有者変わり現在にいたる、
又、人々の言伝えによると千二百余年前、弘法大師お手植の藤とも聞きおよぶ。
・藤の伝説
むかし、柳原で農家の娘が長い間病気で苦しんでいた。
旅僧から娘の病気は生垣の中にある藤を寺に納めるとよくなるといわれたので、藤を寺の境内に移し植えたところ病気は治ったという。
この寺は蓮花院といわれ今はないが、藤だけが残されてそのあとをしのばせている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« '17 バラ ①スパニッシュビューティー、ウ... | トップ | 5月1日の庭はどう撮っても... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花便り、植物園」カテゴリの最新記事