マルガリータのつぶやき

フォトジェニックな「趣味の記録」:マルガリータの庭、国内海外の旅、グルメ、美術・音楽・映画、自分勝手流読書、etc

'17 <フジコ・ヘミング リサイタル>は<人間フジコ・ヘミングファン>でいっぱい

2017-06-22 12:03:09 | 日本のオペラ・コンサート・演劇
昨夜、遅ればせながら<フジコ・ヘミング>をはじめて聴いた。
台風のような嵐で錦糸町・すみだトリフォーホールまでは無理とキャンセル覚悟でいたが、
出かける5時過ぎに、風はあるが雨が上がったのはラッキーだった。

その<フジコ・ヘミング ピアノリサイタル>は、変っていた。
まず、会場にはクラシック独特の緊張感がない。下町だからかなくらいに考えていたら、
前半の40分間、後ろの老女のいびきに悩まされ、いびきとともに「別れの曲」はないでしょうと、
なんどか後ろをふりむいても、まわりもなんの注意もしない。
舞台の御大のミスタッチやモタモタ感も場内に合わせているのではないかと思えてくる。

ただ、前半最後のドビュッシー「月の光」は画家が弾けばこうなるのではというように、一瞬の印象的な夢だった。
後半のベートーベン「月光」もそんな流れの延長で、リストも「カンパネラ」も、、
やっと静かになった後ろのおかげで、だんだんリラックスして「フジコ・ヘミング」のペースにはまってきた。
 実の弟の叫ぶ勝手不遜な「ブラボー」とか、まるで彼女の家のサロンコンサートにお邪魔しているムードだ。

「フジコ・ヘミング」のファンは人間「フジコ・ヘミング」のファンで、純粋な音楽ファンとは一味違うのだと、やっとわかった一夜だった。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お見舞いのバラ(フラワーボックス)... | トップ | 箱根強羅公園 のヤマアジサイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本のオペラ・コンサート・演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。