マルガリータのつぶやき

フォトジェニックな「趣味の記録」:マルガリータの庭、国内海外の旅、グルメ、美術・音楽・映画、自分勝手流読書、etc

<桜木紫乃>初体験:氷の轍、凍原、水平線、ホテルローヤル、起終点駅・ターミナル

2016-11-26 10:21:38 | 本 MEMO
11月5日放送のテレビ・スペシャルドラマ「氷の轍」(柴崎コウ)は良くできていた。
松本清張ばりの「昭和」を久しぶりに見た。
瀧本智行監督が「私たちの飢餓海峡をめざした」と言うのを知ってから、なお確信を深めた。



直木賞作家<桜木紫乃>はまったくの初めてで、映像と原作は違うだろうからと、
しばらく、原作にあたるのを躊躇していたが、
新作のハード・カバー本は、高田馬場の大型書店で平積み2列、売れている様子。
文庫も5,6冊買って、

まずは「凍原」から、
舞台の釧路周辺は、何回か白鳥を求めてドライブしていたあたり、
それでも、鮮やかで生々しい描写を読むと、極寒の時期にまた行きたくなる。

「氷の轍」をついに読む。
「東京の11月の雪」に閉じ込められて読書の加速も上がった。
~短編「水平線」「ホテルローヤル」の表題作を読み込んで、<桜木紫乃>にひたる。
硬質な文章でここまで艶を出せる女流は、いままでいただろうか。

「起終点駅・ターミナル」はDVD(佐藤浩市、本田翼)から、
 

少しまどろっこしい、すぐに原作にあたった。
初期の作品にさかのぼって作者の原風景にふれた感じだった。

≪MEMO≫
「マルガリータのつぶやき」 過去ブログから
2010'12'12「釧路川紀行より」
2012'12'1「十勝川、オオワシ、オジロワシ
2014'9'19 「釧路空港~タンチョウ園
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の庭;11月の雪はきれい~... | トップ | 大型ツル「ロココ」「プロスペリティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。