マルガリータのつぶやき

フォトジェニックな「趣味の記録」:マルガリータの庭、国内海外の旅、グルメ、美術・音楽・映画、自分勝手流読書、etc

'17 夏日の夕べ:バラ「夕庭」と、KENNY G「ハバナ」はよく似合う

2017-05-14 05:18:48 | マルガリータの庭から:5月
昨日は一日中雨だったが、
その前の金曜日は強烈な陽射しの30℃の夏日だった。
翌日の雨予報に急きょ、京成バラ園へ午後から出かけたが、
 さえぎるもののないバラ園の陽にさらされ、いまだ1分咲きという開花状況でげんなり、
 行き帰りは、故障車に金曜日の渋滞にもはまり、

~夕方~ ゆっくりやりだしたビールがことのほか美味しい~
 けだるさの残るマルガリータのバラ庭を見下ろしながら、
 やっぱり家のバラが一番、楽園、、だな、、
~楽園~ 先日のハバナの海~ 
 幻想、連想ついでに、KENNY Gのソプラノサックス;「ハバナ HAVANA」をかけてみたら、これがバラ庭に合うんだな、
 リラックスモード、きれいなサウンド、メインテーマはピリッとソプラノで覚醒させられ、
 ついで、南国の太鼓のビートに心うきうき、高揚していく、
灼熱のハバナの夕暮れがバラ庭の夕暮れとだぶり、すっかり楽園気分だ、、





玄関から駐車場、ウッドデッキ、にぬける道


<イングリッシュローズ>の向こうに温室、ガセボ


<水栓>まわり、アヤメとか少し和風、











暑い、楽園という共通項はあるが、「ラテン・ハバナ」と「バラの園」がどうしてこんなにコラボするかと、
どうにも不思議でジャケットにあたっていたら、KENNY G自身の1曲ずつの解説に答えがあった。
<ハバナ>は、ウォルター・アファナシエフと僕と2人で、何かきれいな曲をやろうということで、スタジオで何気なく演奏していたんだよね。そしたら途中でウォルターがふざけてコミックなビートをズッチャッチャズチャみたいな感じで叩き始めた訳。冗談だったんだけど、それが面白いんで、僕がふと思いついて、今のビートでちょっと真剣にアプローチしてみようよって言ったんだ。
 ~ 別にキューバのラテン曲をやろうとか、そういう意図があってやった訳じゃなくて、偶然に冗談から生まれて、いいサウンドになった。

 

<MEMO>
ルゼルの情報日記 ケニーGより
☆スムースジャズの人気サックス奏者、ケニーGです。
彼のサックスは、珍しい高音の”ソプラノサックス”を使うことが多く独特の柔らかい音色を奏でられています。
楽器の形としても”アルトサックス””テナーサックス”とは違いまるでクラリネットと近いような形をしています。
今回は、敏腕プロデューサーのウォルター・アファナシエフとケニーGとが共作した人気曲『ハバナ/ HAVANA』です。
ちょうど夕暮れにでも聴けばさらに雰囲気が良くなるでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« '17 しだれる白八重モッコウ... | トップ | '17 ボーダーのバラ;ギーサヴォア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。