マルガリータのつぶやき

フォトジェニックな「趣味の記録」:マルガリータの庭、国内海外の旅、グルメ、美術・音楽・映画、自分勝手流読書、etc

雪の阿寒・釧路⑤ 釧路湿原・釧路川カヌーでオオワシ、オジロワシ、タンチョウ、ハクチョウ、シカ

2017-02-13 16:10:40 | 北海道;富良野 十勝 ニセコ 網走 釧路
今朝(12日)のカヌーツァーは釧路川カヌーガイドの草分け、ヒライワさん手作りのカナディアンカヌーで
例年よりだいぶ暖かな朝、「北からの追い風」はラッキーだった。
塘路の出発点で、落ちた時の用心にフルドライスーツを着用、

静かでなめらかな水面をすべるように進む、カヌーの楽しさ発見、


釧路川の支流アレキナイ川、
川幅が狭く、湿原の動植物がまぢかに見られる絶好ポイント。

<オオワシ> すぐそばの木の上、いきなり特大のオオワシ☆
 

 

 

<オジロワシ>
 



<タンチョウ> 群れている☆




 



~釧路川の本流へ、


左の土手の上は、川べりすれすれに行く<釧網線>、夏などは窓から手を振ってくれるらしい。


またまた<オオワシ>発見、 こちらは小さい


この林の樹の名前は? 説明を受けたが忘れてしまった。


<白鳥> 突然の2羽☆


一羽は飛んで行ったが、


もう一羽は飛べない白鳥か、ここからずっと我々の前を先導するかのようにスイスイと、


<オジロワシ>の巣?


<シカの群れ> お尻が白いハート形 たびたび現れるのだが、カヌーからの低い目線ではなかなか写真に捉えられない。


折よく2両編成の釧網線電車が通ったが、林の影で映っていないのは残念。


釣り人;


60分もすぎるあたりから日陰に入って、じわじわと冷えが足先から腰のあたりまで上がってきた。
あと30分;


細岡でカヌーをあがり、
細岡展望台
眼下に蛇行する釧路川、遠くに阿寒連峰、雄大な眺めです↓





北方の阿寒岳が雲に隠れて見えなかったのは残念だった。





この厳寒期に、塘路から細岡まで来るカヌーツァーはヒライワガイドだけという。
その上、今朝は晴れ間からすべて見られて超ラッキーだった。

≪MEMO≫


<追~>
何枚も着こんでいる上にフルドライスーツにライフジャケット!
2倍に着ぶくれています




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の阿寒、釧路④ 桜木紫乃作... | トップ | 春一番が吹いて~ ミニバラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北海道;富良野 十勝 ニセコ 網走 釧路」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。