むぎわら日記

日記兼用ブログです。
日々の生活(主に遊び)、スナップ写真などを載せております。

生きいそぎ(志水辰夫)集英社文庫

2017年02月24日 | 読書

集英社の小説すばると言えば、少し若い人向けの文芸誌というイメージがありましたが、これは定年後の男が主人公の短編集を集めている本でした。

故郷(原風景)がテーマのようですが、田舎に帰ってなつかし~と言うより、廃墟になっているという感じの話が多い気がしました。

半世紀以上経つと、思い出の風景というのはかなり変わっています。

わたしが生まれた家はもう取り壊されているし、学生時代に住んでいたアパートももうありません。

人間は少し長生き過ぎる気もします。

それでも、人生の最後に戻ろうとしてしまうのは、なぜなのでしょう。

死を受け入れるための通過儀礼のようなものなのかもしれません。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪上のハエトリグモ | トップ | とりかんの500円定食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL