古民家ギャラリーうした・Pカフェ便り

古民家ギャラリーうしたと隣のPカフェで催している作品展、販売しているマフラーetc、日々の発見!を紹介していきます。

わたしのグランパ   筒井康隆 

2016-10-18 16:37:59 | 小説の紹介
№179


文春文庫。



ムショに入っていたおじいちゃんが十五年ぶりに


娑婆に出てきて、孫娘との思い出深い日々を過ご


すという話しである。やたらとヤクザが出てくる


が。設定の頃は88年か、バブル期で、地上げ屋な



どがモチーフとして出てくる。グランパは狡猾に



立ち回り、いろいろやらかす。そこらへんも読み



どころなのだが。その背景に校内暴力やいじめな



どの時事問題も的確に挟み込んでくる。2h20



mくらいで読み終わってしまったが……充実した内



容だった。いつも筒井作品には驚かされる。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポエトリー     希木崎完 | トップ | 異邦人     辻亮一 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。