私の人生折学ノート。

        口 

砂糖菓子の。

2017-05-14 00:15:44 | 紹介
狂おしいほど誰かを好きになれるだろうか。

まだ、そんな気持ち残っているだろうか。

少しずつ思い出と決別して、

この人しかいないという人を

僕も見つけたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンパウンドと鷹の爪。 | トップ | ありったけの愛を。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む