琢ちゃんの部屋

古今東西の名言・箴言を上げ、それらを解説し日常の生活の役に立つようにする。

仕事を自分で創り出す人

2016-10-20 04:34:50 | 日記

仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
吉田秀雄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  吉田秀雄は、広告の鬼と呼ばれ、電通を大きくした立役者
だ。ここにある言葉は、「電通鬼十則」の最初のものだ。

 就職して会社で仕事をする時、最初のうちは、仕事は与え
られるものだ。その与えられた仕事を黙々とこなしていくうちに、
それだけでは面白くなくなって、自分なりの工夫や自分なりの
思いをその仕事に注ぎ込む。このときから、仕事が自分のもの
になり始める。こういう経験を通して、人は、仕事を自分の使
命として創り出していくのではないだろうか。

 自分自身で仕事を創り出せる人は、他人の仕事にも興味を持
っている。他人がどう工夫しているのか、他人がその仕事に対し
てどう考えて、問題解決をしているのかに、興味を持っている。い
つでも、どこでも、なんにでも、様々なものに興味を持って自分の
参考にしたいと思っている。それは、すべての時間を自分の時間
だと考えているからだ。

 仕事を自分で創り出す人とは、目の前にある課題に対して真剣
に取り組もうとする人だ。無から創り出すという場合もあるだろうが、
与えられた仕事から自分なりに新たな仕事として創り出す場合もあ
っていいと思う。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熱心な共演者 | トップ | 希望の試練 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。